サイト内
ウェブ

【漫画】「女の子が出して!!」男性がお茶を出したら上司に叱られた!お茶出しを“おかしい”と思わなかった男性の正体は…!?

  • 2022年5月11日
  • Walkerplus

フリーランスのライターとして活躍している福岡在住の仁田茜(@nickey_FUK)さん。情報誌や企業会員誌などの記事制作をする傍ら、好きが高じてイラストや漫画も描いている。最近では、日常から「ひっと出た(はみ出した)」気になる出来事を漫画で紹介したブログ『ニッキーの「何かひっと出とるよ」』が女性を中心に共感を得て、注目を浴びている。

以前ウォーカープラスで紹介した、過多月経について描いた漫画「寿司屋のあの御方」にも、「生理過多だと本当に大変ですよね」「私も過多月経でした 夜用のどでかいナプキンしても決壊」など共感の声が寄せられ反響があった。


今回紹介する漫画は、20年ほど前の実話を描いたお話。出てくる上司の発言は、今となっては「ありえない」ものだが、当時はそれがわりと一般的であったことを踏まえて、読んでほしい。

作者が初めて正社員として勤めた会社では「お茶出しは基本、一番社歴が浅い人の担当」で、先輩からもそのように教わったという。半年後、中途採用で入ってきた男性にも同様に、作者は疑問もなく「お茶出しは一番社歴が浅い人の担当」と教えたという。

その男性は言われたことを実行し、早速お茶出しをしたところ、上司から「わ‼男はせんでよか!」「女の子が出して!君もおかしいと思わんかったとね?」と注意されてしまう。

「茶ー出すくらい、別におかしいとは思わんかったっすけどねー」とフラットな考えを持っていたこの男性。なんと、実は…。この漫画、最初は昔のパワハラの話かと思っていたら、なんと出会いを描いた話だったのだ。

作者の仁田さんによると、「ここだけ切り取るとひどい人に見えるけど、上司は普段はめちゃ良い方でした。一応弁解すると社員へじゃなくてお客さんへのお茶出しの話で、むさい男では失礼だから女の子に…って考え方があってのこの発言でした。それもそれでいろいろうーん…ですけどね」とのこと。

ちなみに、Twitterでこの漫画を投稿したところ自身史上過去最高となる「いいね!」の数だったそうで、リプライ欄にも「いやめっちゃ良いエピソード!フラットな感性が素敵」「今でも来客用のお茶は女子がって所ありますね」などの声が寄せられていた。

今回紹介した漫画以外にも、女性ならではの悩みや家族の話など「そうそう!」「あるある!」と共感できる話がたくさんアップされている『ニッキーの「何かひっと出とるよ」』。今後もどんな“ひっと出とる”話が描かれるか、楽しみだ。

画像提供:仁田茜(@nickey_FUK)

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.