サイト内
ウェブ

【漫画】「行きはよいよい帰りはこわい…」学校への脇道は“色んな意味”で注意が必要…?「あの世への近道かも」

  • 2022年1月15日
  • Walkerplus

近道をするために通った脇道で起きた、恐ろしい出来事とは…。1月14日、小学生の女の子が体験した“不気味な事件”を描いた漫画がTwitterで公開され、話題となっている。

この漫画を公開したのは、「想定外」「予測不能」なショートホラー漫画をSNSに投稿して話題を集め、Twitterに10.4万人以上(1月14日現在)ものフォロワーがいる漫画家・誰でもない(単行本発売中ダレ♂)(@daredemonaidare)さん。緻密な人物描写と伏線を効かせたストーリーが特長で、記事が公開されたあとはユーザーたちの“感想合戦”で盛り上がるのがお約束となっている。


今回公開されたのは『通学路の脇道』と題された漫画。朝寝坊をしてしまった小学生のまなみは、近道をするため“普段は通らない脇道”を使うことに。「なんか通りたくなかった…」という理由で、これまで使うことがなかった脇道だったが、実際に通ってみると、通常は15分かかるのにたったの3分で学校に着くことができた。

放課後、友人のさとこにも脇道のことを教え、2人で歩いてみることに。しかし、歩けども歩けども学校は見えず、時間だけが過ぎるばかりだ。気味の悪さを感じたまなみは引き返そうと提案するが、さとこの様子がなんだかおかしい…。一向に引き返そうとしないさとこにしびれを切らしたまなみは、さとこの腕を強引に掴むと、一目散に走りだし脇道を後にするのだった――。

家に帰り、この出来事を家族に話していると、「あれ?」「私に…さとこなんて友達いたっけ??あれ!?」と、まなみの記憶は曖昧になってしまう。そんなとき、さとこの家から電話がかかってくるのだが、なんと、さとこはまだ家に帰っていないというのだ。まなみの心配をよそに、夜9時に家に帰ってきたというさとこ。

2人はこの体験の原因が“脇道”ではないかと考え、もう一度現場に行ってみるのだが、そこには花束が置いてあって…。

この漫画を読んだSNSユーザーからは、「学校への近道だったり、あの世への近道だったりする脇道」「まなみちゃんとさとこちゃん、実は本物じゃ…とかは考えすぎ?」といった考察から、「さとこちゃん無事で良かった」という安心の声まで、多数の声があがっていた。

気味の悪い脇道と、誰を弔っているのかわからない花束。一体誰を呼び寄せようとしているのだろうか…。


取材協力:誰でもない(単行本発売中ダレ♂)(@daredemonaidare)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.