サイト内
ウェブ

2021年11月分のアップ動画から選ぶ!キャンプ系人気YouTuber FUKUさんの“注目キャンプギア”BEST10

  • 2021年12月17日
  • Walkerplus

人気沸騰中のキャンプを楽しむには、キャンプギアが必要不可欠!だが、ブームのお陰もあって最近では経験者でも即決できないほどに多種多様な商品が登場しており、どのメーカーのどんな商品を購入すればいいかは本当に悩むところだ。

今回もチャンネル登録者数27万人超えのキャンプ系人気YouTuber FUKUさんに、自身のチャンネルでもオススメする“使ってみてよかった”キャンプギアを厳選してもらった。収集したキャンプギアを独自の視点を持って、優しい口調で丁寧にレビューしていく動画が好評のFUKUさん。彼が2021年11月中にアップした動画から選ぶ、注目のキャンプギアBEST10を紹介しよう!

■【第10位】多彩に使えて頼もしい!コンパクトなカマド型
■BAFADA キャンプストーブ
ネジなどは不要で簡単に組み立てることができる折りたたみコンロ。「よくあるコンパクトなカマド型の焚き火グリルがベースになっています。ステンレスの風防が前面に付けられるほか、側面の片方には薪や炭を投入できる、約60ミリ×約100ミリの大きな口があるのも特徴的。価格が2000円以内(購入時)というのも魅力ですね」(FUKUさん)

高さ調節は4段階あり、ポットスタンド(五徳)やロストル(火格子)、アッシュトレイ(灰受け)を取り付けられる。「一番上に調節すればアルコールストーブを使うのにちょうどいい高さで、一番下なら燃焼スペースがかなり広くなります。ストーブ内の広さと高さ調節の自由度が高い点はすごくいいですね。プチプラな新商品の中ではおもしろい」(FUKUさん)

■【第9位】冬キャンプに欲しい薪ストーブの“軽量コンパクト系”
■3F UL GEAR 薪ストーブ
薄いステンレスを使用した、コンパクトな折りたたみ式のアウトドア用薪ストーブ。本体のサイズは縦200ミリ×横400ミリ×高さ200ミリ。足を取り付けた状態だと高さが+約100ミリとなり、どこに設置しても邪魔にならない大きさだ。煙突部分は高さが約2200ミリある。「ビジネスバッグくらいのケースに収納でき、総重量は収納バッグを含めても2.5キロほど。車はもちろん、公共交通機関での移動でもラクラク持ち運べます」(FUKUさん)

薪ストーブの形態には、ざっくり分けて“ガッシリ系”と“軽量コンパクト系”があり、頑丈さと携帯性のどちらを優先するかで、選択肢が異なってくると話すFUKUさん。「この薪ストーブは軽量コンパクト系。このタイプのメリットは、文字通り軽くてコンパクトでも本格的に楽しめること」(FUKUさん)。反対にデメリットは、「素材が薄いことで歪みが起きやすく、耐久性が低くなること。あと、バラしてコンパクトに持ち運べるようになっていることで、組み立てや片付けがやや面倒になることですね」とFUKUさん。

「この商品は、コンパクトでも比較的長い薪がくべられるなど薪ストーブとしては十分に使えますが、軽さにこだわっている分、使用に伴なう歪みが出やすい。ガッシリ系のストーブと比較すると、耐久性は低いです。ステンレス板のあのベコベコした感じ。“味”にも感じるので、私は好きですけどね(笑)」(FUKUさん)

■【第8位】従来品よりも利便性アップ!の個性派
■greenstage(グリーンステージ) ポケットストーブDX
ドン・キホーテのアウトドアブランド「green stage」から新発売されたポケットストーブで、市販の青い固形燃料が2個収納できる。「過去には、私が同じタイプのポケットストーブを他メーカーさんと共同開発し、期間限定で販売したことも。その商品はもう終売して継続販売できなかったので、“ポケットストーブに固形燃料を収納したい”という需要に応えてくれたメーカーさんがほかにもあったことが、シンプルにうれしいです」(FUKUさん)

見た目は、折りたたみ式の携帯コンロ“ポケットストーブ”の厚みが倍になったイメージ。「厚みは約4センチ。通常タイプのものよりも2倍になるだけで、開いた時の形とサイズが全然違うものに見えるから、本当におもしろい。お馴染みの青い固形燃料が収納できることで、従来品よりも利便性が高まったポケットストーブが438円というびっくりプライスなのも、ドン・キホーテならではの企業力ですよね」(FUKUさん)

■【第7位】懐かしさも相まってロマンまで感じる
■冒険倶楽部 ワイルドボーイ2
1980年代後半~1990年代前半の“第1次キャンプブーム”のころから販売されている、懐かしいフォルムのサバイバルナイフ。「パッケージにも“since 1987”と書いてありますが、私ぐらいの世代の方は懐かしいと思います」とFUKUさん。当時、FUKUさんは所有していたわけではなく、「うわぁー!ランボーが持っていそうなかっこいいナイフや!!」と見つめていた記憶があり、今回購入した初ワイルドボーイにワクワクしたそうだ。「この、いかにも!っていうデザインが、懐かしさとおもしろさを醸し出してますよね(笑)。見た目はワイルドでもサイズが小さめなので、どこかかわいらしさも感じます」(FUKUさん)

価格は2000円前後(購入時)とプチプラだが、しっかり日本製。ナイフは片刃の錆びにくいステンレス製で、割としっかりした収納ケースも付属する。ウロコ落としや六角レンチ、オープナーなどとしても使えるほか、ロープ穴が2つ空いている。「パッケージ裏の説明書きに記された主な用途には、釣り、キャンプ、山菜採りのほか、“小枝で箸作り”という項目があるところもなんだかノスタルジーを感じて、またおもしろい(笑)。切れ味はいいので、薪割り以外のほとんどの雑用をこなすことができます」(FUKUさん)

■【第6位】クロムメッキのギラついた感じがこのブランドらしい
■BUNDOK(バンドック) オイルランタン BD-277SL
国内人気アウトドアブランドの「BUNDOK」製。ハリケーンのように強い風でも消えない防風性能を備えた“ハリケーンランタン”の形状をしたオイルランタン(購入時2280円)だ。「ほかのメーカーからも発売されているハリケーンランタンと同じ形状で、一般的なサイズです。あえてクロムメッキ加工を施してあるところが他メーカーの製品との違いで、ギラギラとしたクロムメッキ加工独特の質感がいい!明かりをつけた時の雰囲気もよくて癒やされます」(FUKUさん)

■【第5位】シーンに合わせてリクライニングできる高コスパチェア
■コメリ 軽らくアルミあぐらローチェア
丈夫で軽量なアルミフレームを使用したあぐらチェア。「あぐらチェアとしてはめずらしくリクライニング機能があり、さまざまなシーンで使いやすい。地面からの座面の高さは190ミリほどと非常に低いです。ソロ用ローテーブルとの相性もよさそう」(FUKUさん)。サイズは、幅580ミリ、奥行き590~800ミリ、高さ520~710ミリで、耐荷重は約80キロだ。

リクライニングは4段階に変更可能で、角度を変えるにはひじ掛けを持ち上げるだけ。1番奥までリクライニングさせて座ると、星空を見るのにちょうどいい。「アルミフレームにリクライニング機能が付いて2980円とは、コストパフォーマンスが高いと思います」(FUKUさん)

■【第4位】ドリップしやすい注ぎ口がGOOD
■ハイマウント HMチタンドリップシェラカップ
折りたたみハンドルでコンパクトなチタン製シェラカップ。サイズは直径約145ミリ×高さ50ミリで、重量は約55グラムと軽量だ。「大きな特徴は、注ぎ口が加工してあるところ。シェラカップでありながら湯が細く注げて、ドリップポットとしても使用できます。シンプルなデザインもいいですね。300ミリリットルと450ミリリットルの2サイズありますが、私は迷った末に450ミリリットルの方を購入しました」(FUKUさん)

「チタン製のハンドルはリーチが長め。カップの容量がもう少し大きかったら、ほかにもインスタントラーメンなどを作るクッカーとしても利用できたと思いますが、このサイズだとちょっと厳しいかな」(FUKUさん)

■【第3位】レトロでかわいい振り子時計型のフォルムにハマる!
■ホンマ製作所 ステンレス ストーブコンロセット APS-48DX
優れた燃焼性能などで人気の時計型薪ストーブ。名の由来は、上面の形状が振り子時計に似ているからだそう。「伝統的でレトロなデザインの時計型薪ストーブに以前から興味があり、とうとう購入しました。ズッシリ系のタイプですが、この形の薪ストーブの中では最小サイズ。ステンレス製で3面ガラス窓も備えています」(FUKUさん)。本体サイズは、幅280ミリ×奥行480ミリ(煙突口までは520ミリ)×高さ445ミリ(煙突を含むと奥行655ミリ×高さ1830ミリ)だ。

「この時計型タイプは煙突穴が後ろにあるので天板が非常に広く使え、調理できる穴も大小2つの2バーナー状態ですから、料理したい人には最適ですよ」(FUKUさん)。小型ながらも燃焼室が広いので、400ミリくらいの長い薪もくべることができる。

「ステンレス製で2万2500円(購入時)は、低価格な方だと思います。汎用型の煙突はコストは安いですが大きくて収納性も悪いため、持ち運びしにくいところがネック。その辺りがアウトドアでの使用時でのデメリットではあるかも。個人的には煙突のこと以外は気に入っています」(FUKUさん)

■【第2位】便利さはピカイチ!キャンプ飯のレパートリーが広がるかも
■DAISO 調味料ボトル収納ポーチ
50ミリリットルの調味料ボトルが6本付いたポーチ(550円)。「このポーチは、コンパクトに持ち運ぶことを意識して作られたんだと思います」とFUKUさん。ボトルをしまうのにピッタリなサイズにデザインされていて、収納サイズは230ミリ×110ミリ×45ミリ。ボトルを固定するためのゴムが片面に縫い取られており、中でボトルがバラけない工夫も。

「付属ボトルは液体用と粉末用が3本ずつ入っています。試しにボトルに水を入れて振ってみましたが、漏れる気配もなく、どちらも密閉性は高かったです。特に、粉末と液体、2つの形状の調味料に対応したボトルがいいですね。液体用は醤油や油などが少しずつ出るように考えられた小さい穴タイプ。ソロでもファミリーでも使いやすくて便利だと思います」(FUKUさん)

■【第1位】小型でキュートなサイズがいい!
■Maruka(マルカ) 湯たんぽ ミニゆたA(エース)
金属製の小型湯たんぽ。「容量600ミリリットルと小さめでかわいいサイズですが、金属のボディに真ちゅう製のフタが付いていて、質のよさを感じるしっかりとした作りです。直接火にかけて温められますし、湯たんぽを入れて使用する専用の保温袋が付属します。湯たんぽを使う時は低温やけどに十分注意してくださいね」(FUKUさん)。袋に入れていても熱く感じる場合は、さらにタオルを巻いて使用するなど調節するとよさそうだ。

キャンプギアの価値を金額やコスパという単純なものではなく、ギア自体からロマンや魅力を感じるか否かという部分に見出し、自分なりの価値観を大切にしているFUKUさん。気になるキャンプギアがある人は、FUKUさんのレビュー動画を参考にしてみると、より愛情のわくギアに出合えるかも!


※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.