サイト内
ウェブ

国宝彦根城・名勝玄宮楽々園の紅葉が見頃!名園の池に映える紅葉は絶景

  • 2021年11月26日
  • Walkerplus

彦根城(滋賀県彦根市)の北側に位置し、井伊家4代当主直興が1677(延宝5)年に造営した池泉回遊式の大名庭園「玄宮園」。中国唐時代の玄宗皇帝の離宮をなぞらえたもので、江戸時代初期の庭を現代に伝える名園だ。

大きな池に突き出すように建つ臨池閣(りんちかく)、鳳翔台といった建物のほか、池の周りには中国洞庭湖(どうていこ)の瀟湘八景(しょうしょうはっけい)にちなんで選ばれた近江八景を模し、竹生島や沖の白石を表現するために樹木や岩石も配置されている。

秋は、紅葉の季節ならではのライトアップで、名園玄宮園をより一層楽しむことができる。「錦秋の玄宮園ライトアップ」は、彦根の晩秋を代表するイベントとして2021年で21回目の開催。庭園内の木々が赤や黄に装い、その姿を水面に映す姿は、引き込まれるような美しさだ。ライトアップは2021年12月5日(日)まで開催予定。晩秋のひと時、彦根ならではの煌めきを堪能しよう。



また、彦根城の夜間特別公開も実施中。通常見ることのできない「夜の城」の姿も、あわせて楽しみたい。
<彦根城夜間特別公開>
実施期間:2021年11月27日(土)・28日(日)・12月4日(土)・5日(日)・11日(土)・12日(日)・18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日)・2022年1月8日(土)・9日(日)・10日(月・祝)・15日(土)・16日(日)・22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)
時間:18:00~21:00(最終入場は20:30)※荒天中止
料金:大人(高校生以上)600円、小・中学生200円

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】屋外
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限/ゴミの持ち帰り
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.