サイト内
ウェブ

【ふるさと納税アンケート】人には聞けない「寄付額」などの実状も発表!意識調査から役立つ情報まで深堀りリサーチ

  • 2021年11月22日
  • Walkerplus

豪華な返礼品や、所得税の還付、住民税の控除といったメリットで人気の「ふるさと納税」。2020年度の寄付総額・寄付案件はともに過去最高を記録(※総務省による「ふるさと納税に関する現況調査結果(令和3年度実施)」より)し、コロナ禍による巣ごもり需要の影響も重なって申込者が増加している。

そこで、ウォーカープラス読者を対象にふるさと納税に関するアンケートを実施。ふるさと納税の寄付額や申し込んだ自治体や返礼品について、さらには利用方法や目的などに至る意識調査を行った。(調査期間2021年10月28日~11月7日、有効回答者数1494人 / ウォーカープラス調べ、結果のパーセンテージは小数点以下切り捨て)

■回答者の38%がふるさと納税を「したことがある」と回答
「ふるさと納税」はどれほど浸透しているのか。「ふるさと納税をしたことがありますか?」の問いに対し、38%が「ある」と回答。そのうちの半数以上は毎年していると答えている。

逆に、一度もしたことがないと答えた人に理由(複数回答可)を聞くと、「やり方がわからない」(52%)、「手続きが面倒くさい」(36%)という回答が多かった。一度でもふるさと納税をして、申込方法やその後の手続き方法などを覚えてしまえば、翌年からも続けて申し込む人が多い傾向が見て取れる結果となった。

■寄付金額は1〜3万円がボリュームゾーン!次いで3~5万円
次に、なかなか知人には聞きづらい寄付金額について質問してみた。寄付金額の最多回答は「1〜3万円」(35%)、次いで「3〜5万円」(18%)という結果になった。驚くことに、年間10万円以上を寄付している人の割合が約10%もいることが判明した。

■返礼品第1位はやはり「肉」!!食品関係がダントツの人気
実際にみんなはどんな返礼品を選んでいるのだろうか?複数回答可としたアンケートでは食品関係が圧倒的多数で、1位が「精肉・肉加工品」(65%)、2位が「魚介類・水産加工品」(51%)、3位が「フルーツ」(40%)という結果が出た。

■【意識調査】返礼品を伴わない寄付をしたことはある?
「ふるさと納税」といえば返礼品に目を奪われがちだが、そもそもは人口減少による地方の税収減少への対応などを目的に誕生した制度である。そこで、今回一度でもふるさと納税をしたことがある人を対象に「ふるさと納税をする際に地方の活性化や災害支援などの意識で自治体を選ぶことはあるか」という質問をしてみたところ、60%以上の人が「ある」と回答した。

さらには、「返礼品を伴わない寄付をしたことがあるか」という質問も用意した。この質問に対し、約20%以上の人が「したことがある」と回答。5人に1人は、返礼品を伴わない寄付をしていたことが判明した。返礼品のことばかりが取り沙汰される傾向にあるこの制度だが、申込者の多数は地方の活性化や災害支援などの気持ちを持ってこの制度を利用していることが分かった。

また、同じ自治体に2度以上寄付する人も多い(「ある」が67%)傾向にあることが判明。応援したい自治体やお気に入りの自治体がある人が多いことがうかがえる。

■どのふるさと納税サイトから申し込んでいる?利用者第1位は?
ふるさと納税をする際にどのサイトが使われているのだろうか?一度でもふるさと納税をしたことがある人を対象にアンケートを取った結果(複数回答可)、第1位は「さとふる」(40%)、第2位は「ふるさとチョイス」「楽天ふるさと納税」(ともに36%)と、テレビCMやウェブ広告などでよく見かけるサイトが人気なことがわかった。

そのサイトを選んだ理由(複数回答可)については、「サイトが見やすい、利用しやすい」(43%)が最多。「ポイントがもらえる」(36%)ことも、サイト選びの大きな決め手となっているようだ。現在はふるさと納税サイトも増えており、サイトによっては初心者向けに仕組みや申し込み手順の解説ページも設けているところもある。まだふるさと納税をしたことがない人は、初心者向けの説明がしてあり、「サイトが見やすい、利用しやすい」ところを選ぶのもいいだろう。

■申し込みサイト別!そのサイトを選んだ理由に注目
「そのサイトを利用する理由」について、申し込みサイト別に理由を分析してみた。“ポイントがもらえる”という理由で人気が高かったのは「楽天ふるさと納税」と「au PAY ふるさと納税」。品揃えの良さに提供があったのは「ANAのふるさと納税」、信頼性において評価が高かったのが「ふるぽ」、またサイトが使いやすいことで票を得たのが「さとふる」という結果が出た。

今年令和3年分からは、確定申告によるふるさと納税の申告手続きが簡素化される(※)。利用環境が整ってきているこの機会に、または、コロナ禍によって定着した“巣ごもり生活”をきっかけに、ふるさと納税を始めてみてはいかがだろうか?
(※)国税庁による「令和3年分の確定申告からふるさと納税(寄付金控除)の申告手続が簡素化されます」より

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.