サイト内
ウェブ

若女将は現役アイドル!滋賀の温泉旅館は「泊まりに行けるファンの聖地」

  • 2021年11月2日
  • Walkerplus

滋賀県高島市にある温泉旅館「宝船温泉湯元ことぶき」。若女将である「りりかる*ことぱぉ」さんは接客から通販の管理まで行う一方、現役のアイドルとして作詞作曲までこなすという多才ぶりを見せ、メディアにもたびたび登場する人気者となっている。若女将×アイドルという異色の組み合わせを体現することぱぉさんに話を聞いた。

■実家の旅館で働きながらコンサートや作詞作曲も行う
「りりかる*ことぱぉ」という印象的な芸名のアイドル。本名の大久保琴江から「こと」だけ引用しているが、「ほかの部分はインスピレーションで決めました」と教えてくれた彼女は、実は若女将の顔も持つことで知られている。

大学卒業後に、家族で営む温泉旅館で若女将として働き出したことぱぉさん。「大学進学をした時点では、いったん一般企業に就職してから旅館を継ぐことも視野に入れていたので、その時に一番興味のあった中国文学を専攻し、中国思想などについて勉強をしていました。卒業論文は『滋賀県高島市への中国人観光客誘致の展望について』だったのですが、結果として、中国人に限ったことではありませんが高島市への観光客誘致の勉強にはなったと思っています」と話す。

琵琶湖のほとりに立つ「宝船温泉湯元ことぶき」は、1日4組限定の温泉旅館。料理や温泉の質が高いと評判だ。また、ことぱぉさんのファンが泊まりに来ることもしばしば。家族経営だけあって、ほとんどのファンはことぱぉさんの両親に挨拶済みという状況もおもしろい。

若女将の仕事内容を聞くと、「電話対応、接客、配膳、予約管理、ホームページの作成更新、新しい宿泊・日帰りプランの発案、新メニューの発案研究、通販サイトの管理・発送業務、パッケージデザイン作成入稿、補助金等申請業務、パンフレットデザイン作成入稿、在庫管理、テレビやメディア出演など」と驚くほど多岐に渡る答えが返ってきた。

女将である母親は「まままぉ」として経理全般や調理、仕入れを、「ぱぱぱぉ」の愛称で親しまれている父親は仕入れ、調理、水回り設備管理と家族で切り盛りしているそう。

旅館のテーマとして掲げているのは、「ここにくれば、滋賀の幸がすべて食べられる!」。「近江牛、鮎、琵琶鱒(ビワマス)など滋賀を代表する食材を、一度の会席ですべてお召し上がりいただけます」と、ことぱぉさんは胸を張る。

リピーターになるファンも多いという、父親・ぱぱぱぉさん渾身の料理のなかでも一番のおすすめは、自家製の「天然琵琶鱒燻製」。琵琶湖の固有種・琵琶鱒を自家製の燻製にした一品は、「ほかでは召し上がれない味です。通販でも、一番くらいの売れ筋ですぐ品切れになってしまいます」とことぱぉさん。

■アイドル活動と温泉旅館のコラボも
現在ソロでアイドル活動をしていることぱぉさんだが、2021年4月の解散までは「AH(嗚呼)」というユニットで活動していた。もう一人のメンバーは介護施設の管理職という、これまた異例の肩書きを持つSuzuさん。

ことぱぉさんのアイドルと若女将のスケジュールについては、「コロナ禍以前は週に1回程度、宿が休みの日にライブをしていましたが現在はぐっと減り、1か月に一度ライブをする程度で、しない月も多々あります」とのこと。また、配信イベントは月に1回ほど行い、なかには、宝船温泉のグルメ通販と配信ライブをコラボした企画なども実施しているそう。

アイドル活動を始めたきっかけは、もともとバンド活動をしていた際に、イベントの主催者に「アイドルに向いていると思う」と言われたことだそう。「当時のバンドメンバーは遅刻はするし、機嫌によって演奏が変わったりなど、うんざりしていたところだったので、たしかにオケで歌うなら、遅刻もなくストレスがなくていいなぁと思い、アイドルとしてデビューをしました」と、ざっくばらんに教えてくれた。

■若女将とアイドル、まったく異なる2種を生かした両立の仕方
若女将とアイドル、まったく関わりがない職業のように思うが、その相性はいいようで、それぞれが生かされる場面も多いという。

「アイドルをやっていくなかで、物販やグッズの売り方の工夫などは若女将業に生きていると思います。イベント企画や交友関係もとても生きていて、アイドルの子が宝船温泉で一日若女将をしてくれるイベントができたりなどもしています。また、やはり若女将がアイドル、というのは変わっているのでメディアに取り上げてもらえやすい。それが自然と宝船温泉、りりかる*ことぱぉ双方にとって宣伝となり一石二鳥となっています。そもそも音楽を作るのが好きで始めたバンドでアイドルに転身し、好きなものと仕事を両立する上で最も効率のいいあり方かなと思っています」

ピアノとギターの演奏ができるということぱぉさん。ギターで作った曲も何曲かあるが、曲作りは基本はピアノで行うそう。また、そのサウンドについては、「完全に好みです。コンセプトも特になく、わたしはわたし、って感じです。なので、その時により髪型も、曲の雰囲気や衣装も全然違います」と笑い、かっこいいからかわいいまでこなす。

「曲作りの際に意識していることも特になくて好きなように作っているだけなんですが、歌詞の中で起承転結をつけたり、時間を少しだけ進めるような内容がおもしろいかなと思って。物語のようなイメージで『小説タイトルと、小説』みたいな。そういうイメージで歌詞を書くことが多いように思います」

ちなみに、一番好きなミュージシャンはビートルズで、ジミ・ヘンドリックスなど、わりと古い洋楽が好きだという。

今後の活動については、「年齢も30を超えて、若女将から女将へと、徐々になっていかなければならない時期にあると思っています。現実的にいつかの区切りで、アイドルという肩書きはなくす必要があるとも考えています。ただ、その日が来ても、音楽は続けたいし、新しい自分で、りりかる*ことぱぉには作れない音楽を続けていきたいと思っています。旅館の若女将としては、宝船温泉を、滋賀の観光名所の一つになるような場所にしていきたいと思っています」と、音楽作りとしても旅館の責任者としても先を見据える。

最後に「当宿は、ご宿泊だけではなく、個室お食事と貸切露天風呂のセットプラン『日帰りプラン』などもございます。また、ご入浴だけ・お食事だけなどのご利用も可能です。どこかへおでかけなさる際や琵琶湖を自転車で一周するビワイチなどされる際にぜひお立ち寄りいただければと思います!」と話してくれた。

取材・文=上田芽依(エフィール)

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。
※新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.