サイト内
ウェブ

まだ間に合う!マイナポイント申し込み期間延長!

  • 2021年10月18日
  • Walkerplus

マイナポイントの申し込み期間は、もう終了してしまったと思っていませんか?実は2021年12月末まで、延長されています!

マイナポイント制度自体がよくわからないという人も、マイナポイントやマイナンバーカードについて詳しく解説しているのでご安心を!マイナンバーカードが手元にあるのにマイナポイントの申し込みができていない人は、今すぐチェックしてください。

■期間延長!マイナポイント獲得は今がラストチャンス
マイナンバーカードを取得してマイナポイントを申し込むと、登録した支払方法で買い物やチャージを行うごとにポイントが付与されます。上限2万円の利用に25%ポイント還元されるので、最大5000円分のポイントが受け取れます。

2021年9月までとなっていたポイント付与期間が、2021年12月末まで延長されました。今からマイナポイントの申し込みをしても、買い物やチャージでポイントがたまります。

対象となるマイナンバーカードの申し込みは終了
ポイント獲得の対象となるマイナンバーカードの申請受付は、2021年4月で終了しています。それまでに取得したマイナンバーカードがマイナポイントの対象となり、新たに申請されたマイナンバーカードは対象になりません。

■公的なサービスが受けられる「マイナンバーカード」とは
「マイナンバーカード」は、個人番号が記載されたカードです。住民が自身で自治体に発行を申請し、無料で交付されます。

公的な本人確認として使用できる個人番号を記載したICカード
マイナンバーカードには個人番号のほか、顔写真や住所、氏名、年齢などの情報が記載されているため、公的な本人確認の書類として使用できます。

証明書の取得やオンライン申請などの手続きが可能
住民票の写しや印鑑登録証明書といった公的な証明書のコンビニ受け取りや、確定申告の際にオンラインで電子申請を行うことが可能になります。

健康保険証としての使用も可能に
これからはマイナンバーカードを、健康保険証として利用することが可能になります。今後、利用できる医療機関や保険薬局が拡大していく予定です。

■実はよくわかっていない…「マイナポイント」ってどんなもの?
マイナポイントは、独自のポイントプログラムではありません。登録した決済方法に、マイナポイント分としてポイントが加算されます。

毎日の買い物でポイント獲得
マイナポイントの申し込み後に選んだ決済方法を利用して買い物すると、ポイントが加算されます。加算のタイミングは決済方法によって異なり、利用後すぐの場合もあれば、翌月以降となる場合もあります。

決済のためのチャージでポイント獲得
チャージして利用する決済方法の場合、チャージ時にポイントが発生することもあります。ポイント加算のタイミングは、買い物の場合同じく決済方法によります。

■マイナポイント申し込みの流れ
ここで簡単にマイナポイントの申し込みの流れを説明します。なお支援端末を利用する場合は、申し込み終了後に必ずログアウトを行ってください。

マイナポイント予約に必要なもの
マイナポイントの申し込みは自身の対応端末か、最寄りの支援端末で行うことができます。スマホで行う場合、申し込みに対応している端末かまずは確認してください。支援端末の設置場所は、インターネットなどで確認できます。

なお申し込みには、「マイナンバーカード」と発行時に登録した「パスワード」が必要です。

マイナポイント予約手続きの方法
マイナポイントの予約手続きは、スマホの専用アプリを取得して行います。利用機種がAndroidなら「Google Play」から、i-phoneなら「App Store」からダウンロードします。パソコンを利用する場合は、「予約・申込サイト」から準備ソフトをインストールしましょう。

どちらも利用できない場合は、各地に設置されている専用端末で。マイナポイントWEBサイトの「手続きスポットの検索」から、最寄りのスポットが検索できます。

その後マイナポイントの予約画面から「マイキーID」を発行します。パスワードを入力しマイナンバーカードを読み込むと、「マイキーID」が発行されます。

決済方法を選びマイナポイントを申し込む
決済サービスを選択し、申し込み情報とパスワードを入力、マイナンバーカードを読み込みます。これで申し込みは完了です。

なおマイキーIDのみ受け取って、後で決済方法を登録することも可能です。決済方法によってはマイナポイント登録に事前申し込みが必要な場合もあるので、確認してから登録を行いましょう。

■決済方法別!お得にマイナポイントを貯めよう
申請を行う決済方法に迷った場合、一番利用頻度の高いものを選ぶことをおすすめします。利用頻度が高いほどポイント獲得額も多くなりますし、使い忘れることもありません。

電子マネーやスマホ決済を毎日の支払いに利用している、クレジットカードで日々の支払いを一括して管理しているなど、自身の家計管理に合った決済方法をマイナポイントに登録申請しましょう。

ここでは、マイナポイントの申請におすすめの決済方法を3つピックアップしています。

カード・アプリにチャージして決済「電子マネー」
鉄道会社などが運営しているものやクレジット会社によるもの、スーパーが発行しているものなど、さまざまな種類があります。

身近なものとして「Suica」などの交通系電子マネーを、定期券と併用して利用している人も多いのでは。最寄りのスーパーが発行している独自の電子マネーは、ポイントアップデーやポイント還元の曜日設定をしているところも多く、ポイントを貯めやすくなっています。「nanaco」や「WAON」など、利用可能な提携店舗が多い電子マネーも、利用価値が高いでしょう。

決済アプリを活用した「QRコード決済」
「PayPay」「LINEPay」「メルペイ」など、スマホアプリを利用したコード決済が身近になってきています。スマホさえ持っていれば買い物ができるため、デイリー使いのキャッシュレス決済をこれから選ぶ人におすすめです。

LINEやメルカリ、楽天など、日常的に利用しているアプリ運営会社の決済アプリなら、連携しているため登録がスムーズで、簡単に利用開始できます。登録後すぐに利用できることも、QRコード決済サービスの利点です。

月々の利用をまとめて決済「クレジットカード」
クレジットカードでの支払いも、キャッシュレス決済としてマイナポイント申請が可能です。生活費の支払いや日常的にクレジットカードを活用している人は、利用頻度の高いカードをマイナポイントに登録しておきましょう。

■マイナポイントはまだまだ申し込みが可能!
2021年12月まで期間が延長になった「マイナポイント」。5000円分のポイントは、マイナンバーカードを持つ家族それぞれで受け取ることができます。カードを持っているのにまだ申請していないなら、今からでもまだ間に合います。早速カードを用意して、申し込みましょう!

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.