サイト内
ウェブ

【連載】前園真聖が東京の魅力を再発見!「ゾノさんぽ」

  • 2017年3月30日
  • Walkerplus

週刊東京ウォーカープラスで連載中の「ゾノさんぽ」のWeb版が連載開始。サッカー元日本代表の前園真聖さんが、C CHANNEELのクリッパー(投稿者)と一緒に都内をぶらり散策する珍道中を、突如飛び出す“ゾノ語録”と共にお届け!

■ 「ゾノさんぽ」Vol.1 渋谷編(前編)

記念すべき第1回は、菊原梨華さんと共に渋谷・桜丘町を訪問。ヤギとお散歩できるカフェ、サラリーマンが集う立ち飲み店などを訪れ、住人と触れ合いながら街の魅力を探った。

■ 七宝 麻辣湯 渋谷店

約70種の具材から3種を選び、好みの麻辣湯(720円)が作れるお店。「春雨麺がヘルシー。薬膳を合わせるスープは辛いだけじゃなくコクもある。具材が多いので何度来ても楽しめます」(前園)。

具材を選んで店長さんに!

辛さは0~5まで選択可

5辛を味見して、「私にはまだ早い」と辛さに絶句する前園さん

手前が前園さん、奥が菊原さんチョイスの麻辣湯

【ゾノ語録】女子力は上げたいけど、パクチーは意味わかんない

もともと高い女子力のさらなるUPを目論む前園さん。菊原さん&店長より「女子はパクチーが大好き」とすすめられるが、パクチーの匂いへの拒絶反応からひと言。

■ 桜丘カフェ

”しぶやぎ”のさくらちゃんと散歩ができる人気カフェ(月曜・水曜の15:00~16:00に実施。要予約、無料)。「ヤギを見られるテラス席がオススメ。濃厚すぎないチーズケーキもおいしい」(前園)。

さくらと一緒にお散歩

さくらにエサをあげる2人

人気の渋谷ビール(890円)も前園さんは香りだけ

手前の宇田川チーズケーキ(550円)と宇田川ブレンド(600円)

ヤギ舎隣でくつろぐ

【ゾノ語録】さくらはシャクレ系だね

「ヤギは夜になると黒目がタテになって怖い」と菊原さんと盛り上がるも、昼間のかわいい目をしたさくらを「太りすぎだけどかわいい」と言ったあとのひと言。

■ B.B.D.

三浦半島でその日の朝採れた野菜を中心に、約200種のビオワインも楽しめる人気ビストロ。「野菜がメインディッシュとして味わえる。野菜のことを教えてくれるのもうれしい」(前園)。

野菜好きの2人はテンションUP

野菜の内容は入荷状況で異なる

線路沿いに立地

「当たり前(したり顔)」と、菊原さんに野菜を取り分けてあげる前園さん

三浦野菜のグリル1人前(626円)(写真は2人前)

【ゾノ語録】ウソでしょ? タマネギじゃない!タマネギだけどタマネギじゃない

皮ごと丸焼きにしたタマネギを味わい、あまりの柔らかさと甘味に飛び出した迷言。「フルーツみたい。噛まなくていいよ。とろける。とろける」と続けて、絶賛。

■ 富士屋本店

130年以上続く老舗酒店が手がける、創業44年の立ち飲み居酒屋さん。「すべて手作りの一品料理はどれもおいしい!」(前園)。「若い人も多いし、とにかく安いのでこれから通いそう」(菊原)。

隣のサラリーマンさんと乾杯!

人気のはんぺんチーズ揚げ(300円)は「シンプルだけど最高」(前園)

里いも煮(300円)を食べて悶絶

地下に広がる聖地の入口

名物のハムキャベツ(350円)

【ゾノ語録】ウーロン茶です!(キリッ)

店のママさん、隣のお客さんから「飲んでる?」と声をかけられて即答。この後、ママさんから「お笑いで活躍してるわね」と言われ、複雑そうな苦笑いに。【東京ウォーカー編集部】

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 KADOKAWA. All Rights Reserved.