サイト内
ウェブ

『めぐりあい宇宙』超えも?『閃光のハサウェイ』が33年ぶりの快挙、さらに富野監督の原作小説も重版決定

  • 2021年6月25日
  • Walkerplus

アムロとシャアの最後の決戦を描いた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から33年。その世界観を色濃く引き継ぐアニメ映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が現在、大ヒット公開中。6月11日に公開された本作は、公開2週目(6月20日時点)にして累計興行収入10億円、観客動員数50万人を突破。歴代ガンダムシリーズの最高興収『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』(1982年公開)の興行収入23億円超えも期待されている。

■ガンダムの生みの親・富野監督の原作小説も重版決定!

ガンダムシリーズ作品で興行収入10億円を超えたのは1988年に公開され、興行収入11億3000万円を記録した『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』以来、33年ぶりの快挙となる。ネットでは「作り込みや映像美、そして大人なストーリー」「100億円突破も夢ではない!」「最もガンダムらしいガンダム」といったコメントも寄せられており、本作の完成度の高さが伺える。

さらに、23日には富野由悠季氏による角川スニーカー文庫より発売されている原作小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上・中・下巻)』の重版が決定したと、角川スニーカー文庫編集部の公式アカウントがSNSで発表し話題に。この“閃光のハサウェイ熱”はまだまだ加速しそうだ。

■大ヒット公開中『閃光のハサウェイ』3週目の入場者プレゼント配布作品が解禁!

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の入場者プレゼント、5週間限定「週替わり歴代ガンダム劇場フィルム」の3週目配布作品が解禁。「週替わり歴代ガンダム劇場フィルム」は、歴代のガンダムシリーズから名場面をフィルム化したもので、3週目は『機動戦士ガンダムUC』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』『機動戦士ガンダムNT』劇場版『Gのレコンギスタ』第1部&第2部といった名作からのラインナップとなるので、お楽しみに!

また、4週目以降の配布作品も今後他のガンダムシリーズを配布予定されているので、情報を待ちたいところだ!

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。
(C)創通・サンライズ


キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.