サイト内
ウェブ

国家的な宴会で使用された高級食器の歴史に迫る、宮城県多賀城市で「多賀城の高級食器」が開催中

  • 2021年4月30日
  • Walkerplus

宮城県多賀城市の東北歴史博物館で、企画展「多賀城の高級食器-緑釉・灰釉・青磁・白磁-」が7月4日(日)まで開催している。観覧料は一般460円で、高校生・中学生・小学生は無料。

東北歴史博物館は、旧石器時代から近現代までの東北の歴史を紹介している施設。館内の総合展示室では、時代別に9つのコーナーに分けて展示されている。

「多賀城の高級食器 -緑釉・灰釉・青磁・白磁-」は、多賀城跡・多賀城廃寺跡から出土した高級食器を紹介する企画展。出土した食器は、国産の緑釉(りょくゆう)・灰釉(かいゆう)陶器、中国産の青磁(せいじ)・白磁(はくじ)など、1800点以上にのぼり、天皇が食事をするときや国家的な宴会でも用いられたものといわれている。

これらの食器は、どこで作られてどのように使われたのかが近年の研究により明らかになるとともに、当時の都である平安京でもほとんど出土しない資料の存在も発見された。本展では、そういった研究結果や資料について紹介している。

高級食器の歴史に迫る「多賀城の高級食器 -緑釉・灰釉・青磁・白磁-」を見に行こう。

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】
一部屋外
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒(検温は、講演会や研修会に参加されるお客様に実施)/消毒液設置
【来館者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入館制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.