サイト内
ウェブ

8000本超えの桜は圧巻、徳島県美馬市の八百萬神之御殿の桜はいつが見頃?

  • 2021年3月26日
  • Walkerplus

徳島県美馬市の八百萬神之御殿(やおよろずのかみのごてん)の桜が3月下旬から4月上旬にかけて見頃を迎える。

標高400メートルに位置する八百萬神之御殿は知る人ぞ知る桜の名所。境内にはソメイヨシノを中心に、約8000本以上の桜が神秘的ともいえる景色を創り出す。山の斜面を利用した遊歩道は桜のトンネルとなり、訪れる人を魅了する。

八百萬神之御殿へは、徳島自動車道脇町ICから国道193号を落合方面へ車で約4キロメートル。御殿までの山道は悪路が続くが、乗り越えて辿り着いた先には桃源郷のような景色が広がる。拝観料は1人1000円(小学生以上)で飲食は禁止となっている。

花見ついでに観光するなら、御殿から車で15分ほどにある脇町の「うだつの町並み」がおすすめ。脇城の城下町として成立し、明治時代頃のものを中心に江戸中期から昭和初期の85棟の伝統的建造物が建ち並ぶ。街家の両端に本瓦葺きで漆喰塗りの「うだつ」が多くみられ、風情ある町並みを楽しめる。

八百萬神之御殿に出かけて、山肌を濃紅色に染める桜を堪能しよう。

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】
屋外
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/宴会禁止/ゴミの持ち帰り

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.