サイト内
ウェブ

木梨憲武展、京都で開催中!「明るくなるものを感じてもらえれば」

  • 2021年2月25日
  • Walkerplus

お笑い、歌手、アーティストなどマルチに活躍するタレント・木梨憲武のアート展「木梨憲武展 Timingー瞬間の光りー」が、京都文化博物館で3月28日(日)まで開催中。先日行われた内覧会では木梨本人が登場し、開催への意気込みを語った。

■木梨憲武本人による展示方法にも注目
「木梨憲武展 Timingー瞬間の光りー」は日本各地で順次開催される巡回展。2015年のニューヨーク個展をきっかけに制作を始めた「OUCHI」シリーズや、2018年のロンドン個展で初披露した「REACH OUT」シリーズを中心に、絵画だけでなくドローイングや映像、オブジェなど自由な発想による作品を約200点展示する。また全会場の展示方法を木梨自身が決めており、会場ごとに違った雰囲気が楽しめることも特徴だ。

本展覧会は当初、2018年の大阪会場からスタートし2020年の東京会場がラストとなる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で開催が中止になった会場も。木梨は「展覧会は密にならなければ、(コロナ前と変わらず)1点1点じっくりと鑑賞できます。鑑賞後にそのまま家で絵を描き始めたというお話も聞いているので、この時期に明るくなるものを感じてもらえれば」と語り、中止や延期になった会場についても「機会があればまだまだ全国を回りたい」と意欲を見せている。

■PRには意外な人物を指名!?
本会場での展覧会について「大好きな京都で開催できて光栄」と木梨。さらには京都出身で親交の深い武豊騎手について、「この1ヶ月の開催中、武豊くんにプロモーションをしてもらう」と話し、笑いを誘った。

また木梨は京都の魅力について「京都は武豊さんやいろんな友人に会えるので、テンションが上がる場所。そして東京のスタッフも、用事がないのに付いてくる。『仕事です』と言いつつも、何しに来たんだっていうのがいたり。こんなこと、京都だけじゃないかな」と語った。

遊び心たっぷりのカラフルな作品を眺めれば、きっと気持ちも明るくなるはず。家族や友人と一緒に、楽しんでみては。

取材・文=さくらいけんたろう

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.