サイト内
ウェブ

黒猫の成長記録に11万人が感動!捨て猫との日々をつづる「仔猫を拾ったので」

  • 2021年2月22日
  • Walkerplus

Twitterで11万人以上のフォロワーがいる「仔猫を拾ったので(@yukifuri0biyori)」というアカウント。道端に横たわる黒猫の赤ちゃんを保護した飼い主さんがつづる成長日記で、2018年4月からほぼ毎日更新。2020年8月にウォーカープラスで紹介した際も反響があり、今でもその記事は多くのユーザーに読み続けられている。

黒猫は後に「ティチャラ」と名付けられ、拾った当初からは想像もできないほど飼い主さん一家に馴染んでいる。先住猫の信玄くんとの出会いや、後に生まれる飼い主さんの第一子の存在など、変化していく環境のなかでティチャラくんが大人になっていく様子が目覚ましく、その姿にフォロワーも元気をもらっているようだ。

前回の記事から約半年経った今、その後が気になる人も多いのでは?そこで、拾われたばかりのティチャラくんを振り返りながら、最近の様子も飼い主さんに聞いてみた!

■飼い主さんも覚悟を決めた「拾った日」
飼い主さんが捨てられたティチャラくんを見つけた日、体は冷たくなっていたものの少しだけ足が動いたため、家に連れ帰って様子を見たそう。この状況を目の当たりにした飼い主さんは、「さすがにもうダメかもしれない」と覚悟を決めていたという。

しかし、体を温めてカテーテルで給餌するなどの懸命な処置と、ティチャラくんの強い生命力でなんとか回復。その後、大きな病気もなくすくすくと成長!

ティチャラくんが元気になった後は、すでに飼い主さんに飼われていたキジトラ・信玄くんとべったりひっついてくつろいだり、時にはお互いを毛繕いしたりと、マイペースに関係を築く2匹のゆるいツーショットが増えた。その姿はまるで兄弟猫のようで、フォロワーもほっこり。

また、ティチャラくんを迎え入れてから約1年後、飼い主さん一家に第一子となる“息子くん”が誕生。お互いの好きなタイミングで遊んだり、時には息子くんがティチャラくんを枕にして眠ることも。

この「仔猫を拾ったので」というアカウントを始めたきっかけを聞いたところ、「ちょうど猫の成長早見表的なものがほしかったという理由と、当時はティチャラの体調が良くなかったため、写真付きで記録を取っていった方が分かりやすいかなと思ってこのツイートを始めました。紙でも記録は付けているんですが、Twitterなら時系列順に並ぶし、写真付きで程よい量の文字数でぴったりかなって」とのこと。仔猫を新しく飼い始める人の参考にもなればという思いで、日々の成長を発信しているという。

■その後のティチャラくんは?飼い主さん一家に新しい家族も!
前回の取材から半年経った今も、ほぼ毎日ツイートを続けている飼い主さん。現在のティチャラくんはどのように過ごしているのか?

実は、2021年1月17日に飼い主さんの第二子となる“娘ちゃん”が誕生!里帰り中につき、現在ティチャラくんと信玄くんは一時的にそれぞれ別の家で生活しているのだという。

最近の様子について飼い主さんに訪ねると、「ティチャラは特に体調の変化もなく、すこぶる良好です。最近は(飼い主さんの)母の椅子に居座って、そこに座ろうとした母を驚かせたり、カバンに入り込んで母を『ギャッ!』と驚かせています(笑)」と、いたずらっ子な一面も。

また、息子くんとの絡みについては「ティチャラから息子にベタベタくっつくことはないのですが、息子はティチャラの手触りが大層気に入っているようで、なにかと触りたがります。抱きついていることが多いですね」と語る。お昼寝タイムの写真も多数アップされていて、そのうちの1枚には背中に手を回してでも撫でていたいという、息子くんからティチャラくんへの愛が強いショットも。

特に反響があったのは、息子くんが積み木遊びをしているところにわざわざ寝転ぶティチャラくん。体に積み木を乗せられても嫌がらず、適度な距離感でイチャイチャする癒しコンビにファンが増えている。

生まれてほどなく捨てられ、飼い主さんに命を救われたティチャラくんは、今では多くの人に愛されながら毎日をのんびりと過ごしている。また息子くんだけではなく、娘ちゃんとの触れ合いシーンが投稿される日も近いかもしれない。今後も、飼い主さん一家に囲まれて幸せそうなティチャラくんをTwitterを通して見守っていきたい。

取材・文=鳥本明衣(glass)

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.