サイト内
ウェブ

森七菜、新木優子、戸田恵梨香ら豪華女優陣が集結!ジュエリー ベストドレッサー賞

  • 2021年1月14日
  • Walkerplus

1月14日(木)、東京ビッグサイトにて「第32回 日本 ジュエリー ベストドレッサー賞」が開催され、森七菜、新木優子、戸田恵梨香、小池栄子、斉藤由貴、田中美佐子ら豪華女優陣が集結した。

同アワードは、過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」を表彰する賞として開催されており、今回で32回目となる。

10代の部門で受賞したのは、話題になったドラマ「この恋あたためますか」(TBS系)で主演を務めた森七菜。モノトーンの華やかなフリルドレスと、ダイヤのペンダントネックレスを着用して登場した森は、ステージに上がり、「ジュエリーを初めて着けたのは去年。お母さんがくれた蹄の形をしたものです。初めてもらったときは心が躍りました。ほかのものより輝いて見えて…」と思い出を語りつつ、「今回はこのような賞をいただけて本当に光栄に思います!」と受賞した喜びをコメントした。

また、20代の部門を受賞したのは、ドラマ「スーツ2」(フジテレビ系)でも注目された若手女優・新木優子。赤のシフォンドレスと、ダイヤやパールを使用したペンダントを着用して登場した新木は「小さい頃からキラキラしたものが大好きで、ジュエリーへの熱意は強かったのかなと思う。二十歳のときに買ったものは宝物。これから、ジュエリーの魅力も自分の魅力も引き出していければ」と笑顔を見せていた。

そして、30代の部門を受賞したのは、昨年12月に俳優・松坂桃李と結婚し、公私共に話題になっている戸田恵梨香。シックな黒のベアトップドレスと、アコヤパールのネックレス&ブレスレットをコーディネートして登場した戸田は、「ジュエリーは、二十歳の記念に両親からパールをもらい、それは大事なときに身に着けるようにしています。まさかこのような賞がいただけるとは思わなかったのですが、これからも精進していきたいと思います」と真摯に語った。

そのほか、40代では小池栄子が、50代は斉藤由貴、60代以上の部門は田中美佐子、そして男性では横浜流星が受賞。元プロサッカー選手の内田篤人が特別賞を受賞した。

ちなみに、昨年開催された「第31回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」では、Koki, や有村架純、田中圭が受賞している。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.