サイト内
ウェブ

210本の桜が照らされる、青森県の弘前公園で「冬に咲くさくらライトアップ」が開催中

  • 2021年1月22日
  • Walkerplus

青森県弘前市の弘前公園で、桜の木がライトアップされる「冬に咲くさくらライトアップ」が2月28日(日)まで開催中。

東京の上野恩賜公園、新潟県の高田公園と並び、「日本3大夜桜」のひとつに数えられる弘前公園の桜。春になると観光客で賑わう超人気スポットだが、その歴史は古く、江戸時代に弘前城に持ち込まれた桜が、日本最古のソメイヨシノのほか、樹齢100年を超す木が今も300本以上残っている。明治時代に入ってからは、弘前公園として一般公開がスタートした。

「冬に咲くさくらライトアップ」は、弘前公園の桜を冬にも楽しもうと、クラウドファンディングによる資金集めを経て2017年から始まったイベントだ。弘前公園外濠沿いの桜の木に、ピンク色の照明を当ててライトアップ。桜の枝に雪が積もった夜には、夜桜見物のような幻想的な風景が広がる。

今回はライトアップの範囲を拡大し、全長1キロにわたり、桜の木210本を212台のLED投光器で照らし出す。

ライトアップにより冬に咲く雪の桜は、ため息が出るほど美しい。「冬に咲くさくらライトアップ」を見に行こう。

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】
屋外
【来場者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
【その他】
ウェブサイトおよびフライヤーにより観覧者へのコロナ対策の協力をお願いしている。

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.