サイト内
ウェブ

大丸京都店で「うし」や「ハローキティ」が浮かび上がるグラスを期間限定販売中

  • 2020年12月18日
  • Walkerplus

飲み物を注ぐと動物やキャラクターが現れる「グッドグラス」が、大丸京都店にて期間限定で販売中!「いぬ」「ねこ」などの定番商品はもちろん、2021年の干支である「うし」も数量限定で登場する。期間は2020年12月25日(金)まで。

■一つ一つ異なる大きさや表情が愛しい「グッドグラス」
「ティータイムを笑顔にしたい」という思いで企画されたグッドグラス。ガラス職人の手によって一つ一つ手作りされているため、同じ商品でも耳の大きさや背の高さ、表情までもが微妙に異なっており、その個性が大きな魅力となっている。しっかりと見比べて、自分だけの「運命のグラス」を迎えたい。

■飲み物によってグラスの雰囲気が変化
注ぐ飲み物によって雰囲気が変わるところが、グッドグラスのおもしろさ。二重構造のグラスの内側にデザインが施されており、例えばあひるのグラスにコーヒーを注げば「鴨」、オレンジジュースを注げば「ひよこ」に。さまざまなドリンクを試してみたくなりそうだ。

「くま」「しば犬」「ペンギン」などグッドグラスは現在50種類以上と、ラインナップの豊富さも人気の理由。「ぶどう」や「いちご」などのフルーツシリーズには、ジュースだけでなくワインなどのお酒を注いでも良さそうだ。

■冷・温どちらにも対応
グッドグラスは耐熱ガラスを使用しているため、ホットドリンクを注ぐことも可能。同社で広報を担当する原山さんは「麦茶を注ぐだけでもかわいいデザインが現れますが、耐熱仕様なので温かいものも楽しめます。寒い時期にはコーンスープやミニラーメンなどお椀代わりに使用すると、食卓もにぎやかになりますよ」と、冬ならではの楽しみ方を教えてくれた。

■干支シリーズ最新作「うし」が登場
「いのしし」「ねずみ」に続く干支シリーズの最新作「うし」も、数量限定で販売中。サイズは直径9.2cm、高さ9.8cm、容量280mlと通常の250mlより少し大きくなっており、体の大きな牛を表現しているそう。原山さんに注目ポイントを聞くと、「プラスアルファで、細工を施しました。特にガラス細工で表現された角の部分は、かわいさのなかに職人の技が光っています」とのこと。

また動物やフルーツだけでなく、世界で人気のキャラクター「ハローキティ」とのコラボ商品も発売中。リボンの色は「レッド」と「ブルー」の2種類を用意する。原山さんによるとこちらも好評で、「吹きガラス製法でキャラクターの顔も、丁寧に制作しております」と語った。

クリスマスや年末年始のこの時期、大切な人に贈るギフトとして「グッドグラス」を選んでみるのはいかがだろうか。現物を自分の目で見て選べるチャンスなので、京都大丸店を訪れた際はぜひチェックを。

取材・文=さくらいけんたろう

※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.