サイト内
ウェブ

パリに集った芸術家たちの哀愁あふれる作品を展示、松山市の愛媛県美術館で「エコール・ド・パリの色と形」開催

  • 2021年1月5日
  • Walkerplus

愛媛県松山市にある愛媛県美術館で、企画展「名古屋市美術館所蔵 エコール・ド・パリの色と形」を1月31日(日)まで開催中。※前期(12月20日(日)まで)・後期(12月22日(火)から)で展示替えあり

「エコール・ド・パリ」は、第一次世界大戦と第二次大戦の間、1920年代を中心に芸術の都パリに集まった、外国人芸術家の集団のこと。遠く祖国を離れ、キュビスムやその他の特定の派閥に属することなく、作家の民族的・文化的背景を感じさせる哀愁にみちた作品が描かれた。

エコール・ド・パリの作品に関して国内有数の所蔵品を誇る名古屋市美術館が、改修工事のため休館になることから、その名品群を一堂に紹介する展覧会が実現。同館の良質のコレクションに愛媛県美術館の代表的作品を加えて展示を構成する。

芸術の都パリで活動し、前衛と古典のはざまで揺れ動き、その経験を生涯の糧とした、モディリアーニやパスキン、藤田嗣治、シャガールら、悩める天才たちの作品に繰り広げられる色と形の多様な美を堪能できる。

2つの大戦の間に、芸術の都パリで繰り広げられた芸術家たちの作品を鑑賞しに「名古屋市美術館所蔵 エコール・ド・パリの色と形」出かけよう。

■新型コロナウイルス感染拡大予防対策
【屋内・屋外区分】
屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・館内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.