サイト内
ウェブ

明知鉄道の食堂車で自然薯グルメを味わう!岐阜県恵那市でロマンあふれるドライブを

  • 2022年11月25日
  • Walkerplus

豊かな自然をはじめとして、さまざまな魅力を持つ岐阜県恵那市。季節のグルメが味わえるローカル鉄道から、大正ロマンを感じさせる村の散策まで、今の季節にぴったりのドライブコースを紹介。最後は珍しいラジウム温泉で体を癒やせば、満たされた一日を過ごせること間違いなし!

■レトロな食堂車ですりたてのとろろを堪能
鉄道ファンにも人気のローカル鉄道「明知鉄道」の食堂車“急行大正ロマン号”は、2022年12月1日(土)〜2023年3月31日(金)までの期間、冬の味覚・自然薯が味わえる“じねんじょ列車”として運行する。片道約50分の旅の途中は、沿線の名所や風景を乗務員がガイドしてくれる。鉄道沿線の風景を楽しみながら、旬の自然薯とろろを堪能しよう。とろろと麦ご飯はお代わり可能なので、地元の食材を生かした料理でお腹いっぱいに!また当日限りのフリー切符も付くので、帰路は自由にローカル鉄道の旅を楽しむのもおすすめだ。

●明知鉄道 / 住所:岐阜県恵那市大井町神ノ木無番地(恵那駅) / 電話:0573-54-4101 / 時間:じねんじょ列車は恵那駅12:25発 / 休み:月曜(祝日は運行)、2022年12月28日(水)~2023年1月6日(金)※変更の場合あり / 料金:じねんじょ列車乗車料 大人4000円(往復運賃を含む)

■大正ロマンあふれる村内で気分はハイカラさん
明知鉄道・明智駅から徒歩約4分の場所にあるのが、蚕糸を地場産業としていたころの町並みをそのまま保存した「日本大正村」。重厚な造りで国の登録有形文化財にも指定されている日本大正村役場や、多くの文化人に愛されたという天久カフェを復元した資料館など、いたるところに大正時代のレトロな佇まいを残す。そのほか、大正ロマンを感じさせる土産も多数揃う。「矢絣はかまレンタル」(女性2000円、男性3000円、要予約)を利用して袴に着替え、村内を散策するのもおすすめだ。

●日本大正村 / 住所:岐阜県恵那市明智町1884-3 / 電話:0573-54-3944 / 時間:9:00~17:00(入館~16:30)、12月15日〜2月末日は9:00〜16:00(入館~15:30) / 休み:不定休、年末年始 / 料金:有料施設共通券 大人700円ほか

■珍しいラジウム泉の源泉かけ流し
恵那駅から車で北へ約7分進むと到着するのが、ラジウム温泉施設としては日本で7番目に開業した歴史を持つ「恵那ラヂウム温泉館」。古くから傷を癒やす効果があると言われ、薬師の霊泉として親しまれてきた。木曽石を100トン積み上げた大浴場や洞窟風呂が、男女入替制(日替わり)で楽しめる。1軒ずつの離れ部屋は、ペット同伴での宿泊も可能だ。

【温泉DATA】日帰り入浴料:小学生以上600円ほか / 泉質:ラジウム泉 / 風呂数:全4※日替わりで男女入替制 / アメニティ:タオル(販売、150円)ほか

●恵那ラヂウム温泉館 / 住所:岐阜県恵那市大井町1685 / 電話:0573-25-2022 / 時間:日帰り入浴10:00~19:45(宿泊客優先のため、土日祝や繁忙期などは17:00ごろで終了の場合あり。事前に要問い合わせ) / 休み:不定休


※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ事前確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.