サイト内
ウェブ

素材へのこだわりと透明感がスゴイ!名古屋で味わうべき淡麗系塩ラーメン4選

  • 2020年11月17日
  • Walkerplus

ストイックに素材の旨味と向き合い、「ごまかせないから、おもしろい」と淡麗系の塩ラーメンを追求する店主たち。今回は、スープ求道者とも呼ぶべき、名古屋の店主4人の味を紹介する。素材のこだわりと、店主のアイデアが詰まった一杯を堪能すべし!

■濃厚な旨味で香りも華やか!地鶏と天然素材で作るスープ
天然素材を使った独自製法のスープが自慢の「らぁ麺や 汐(しお)そば 雫(しずく)」(名古屋市瑞穂区)。 地鶏の動物スープと魚介ダシを見事に調和させ、天然塩と10数種類の乾物で作るタレですっきりとした一杯にまとめ上げている。日ごとに打ち方を変える自家製麺も秀逸だ。
「汐そば」(税込800円)は、地鶏のコクや甘味と節系などの天然素材の風味がバランスよく調和する一杯。中太の平打ち麺ともよく絡み、すっきりとしたあと味が特徴だ。

●らぁ麺や 汐そば 雫 / 住所:名古屋市瑞穂区下坂町4-15 スターリア1F / 電話:090-3959-4269 / 時間:11:30~15:00(LO14:50) / 休み:月曜

■素材の質と透明感にこだわったバランスのいい味
「無添加魚介出汁(むてんかぎょかいだし) 実垂穂(みたほ)」(名古屋市名東区)では、無添加の魚介ダシにこだわったラーメンが評判。5種類の魚介類を使用したスープは、素材の質のよさや、素材によって抽出時間を変えるなどの微細な調整がかなめ。この徹底したこだわりが、どの素材も突出しないバランスに優れた味を作り出している。
おすすめは、透明感のあるスープの塩ラーメン「無添加魚介出汁の中華そば 塩 上」(税込900円)。4種類の藻塩を使う塩ダレが、繊細なスープの味を絶妙に引き立てる。仕上げに加える特製の魚介油も、優しくまろやかな風味をプラス。

●無添加魚介出汁 実垂穂 / 住所:名古屋市名東区猪子石2-502 ユタカビル1F / 電話:非公開 / 時間:11:30~14:00、18:00~21:30、木曜~14:00 / 休み:月曜、火曜、木曜の夜

■素材の旨味を引き出して滋味深い
「麺屋 いえろう」(名古屋市中川区)は、ここでしか味わえないラーメンを硬派に追求する。素材の旨味を丁寧に引き出した無添加のラーメンは、あっさりとしながらも滋味深い。黄色を基調としたポップな店内で、女性一人でも入りやすい空間になっている。
イチオシは、「塩ラーメン」(税込750円)。丸鶏から取ったスープのコクと、 10種類以上の魚介から抽出した旨味がたっぷり。鶏ムネ肉と豚カタロース肉のチャーシューも美味!

●麺屋 いえろう / 住所:名古屋市中川区中野本町1-37 セントラルハイツ中野本町1F / 電話:非公開 / 時間:11:00~14:00、18:00~20:00 / 休み:火曜、水曜

■節系が程よく主張する余韻に浸りたくなる味
魚介や豚骨の風味豊かなラーメンが評判の「らーめん 柊(ひいらぎ)」(名古屋市西区)。懐石料理店、うどん店の店主を約30年務めた店主が、和ダシの奥深さをラーメンで追求。カツオを中心とした節系と豚骨で作るスープは、長時間火にかけないことで風味を残し、味のバランス感が絶妙だ。
魚介の風味をたっぷりと感じられる「しおらーめん」(税込770円)はあっさりとした味わいが特徴。豚骨がより前面に出た「しょう油らーめん」(税込700円)も人気だ。

●らーめん 柊 / 住所:名古屋市西区新道2-1-18 / 電話:052-571-0263 / 時間:11:30~14:00、18:00~21:00 / 休み:日曜、第3月曜

※「ラーメンWalker東海2021」より転載。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスクの着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.