サイト内
ウェブ

かわいいファッションで注目を集めるウサギのミントくん!かまってエピソードも悶絶級

  • 2020年10月24日
  • Walkerplus

帽子や蝶ネクタイ、マントなど、服を着た姿がキュートすぎるとSNSで話題のウサギ、ミントくん。飼い主さんのデザインによる服はもちろん、背景の小道具も含めた写真がクオリティが高いと、いま人気上昇中だ。今回は飼い主・minchanさんに取材し、ミントくんの意外な性格やかわいすぎるエピソードを聞いた!


■SNSで話題のミントくん!飼い主さんにインタビュー

ーーミントくんをお迎えしたきっかけはなんですか?
【minchanさん】昔からウサギが大好きだったのですが、動物のお世話をしたことがなく、動物園などで触れ合うのが精一杯でした。そんな中、親戚が飼っているウサギと触れ合う機会があり、そのかわいさにウサギと暮らしたいという思いが高まったんですね。ウサギと一緒に散歩をする「うさんぽ会」へ行き、直接飼い主さんにいろいろなお話を聞いたり、図書館でお世話の仕方などを調べたりして、お迎えをすることを決意しました。

ーーミントくんはどんな性格でしょう?
【minchanさん】ウサギの男の子は女性に懐くと聞いて期待していたのですが、ミントはパパが大好きです。ミントの目の前でスマホやパソコンを触ったり、楽器の練習をしていると、すぐに遊んでアピールが始まります。逆にママにはあっさり”塩対応”です(笑)。

ーー飼い主さんとしてはどこがチャームポイントだと思いますか?
【minchanさん】ミントのチャームポイントはV字に開いたお耳と、豪快なあくびを見せてくれるお口ですね!

ーーSNSで特に反響があったものってありますか?
【minchanさん】パパのパソコン作業中にミントがキーボードに乗って邪魔をする動画は、ネットで紹介していただきました。ママの指を鼻に近付けるとあくびをしてしまう「魔法の指」の動画も好評ですね。

ーーそのほか、ミントくんの忘れられないエピソードはありますか。
【minchanさん】今年のパパの夏休みに、ミントは小さなサッカーボールとゴールを使って1週間サッカーの練習をしました。最初は鼻でツンツンするだけだったのに、最後には後ろ脚でボールを蹴ってゴールにシュートできるようになったんですよ!

ーーミントくんといえば服ですよね!作り始めたきっかけと、イチオシの服を教えてください。
【minchanさん】最初は「うさんぽ(=ウサギの散歩)」用のハーネスを作って、その姿を写真撮影していましたが、ハーネスを撮影しようとするとミントの顔がちゃんと見えないのが不満だったんですよ。それで、どの方向から撮影してもかわいく見える衣装があったらいいのにと考え、ウサギ用のマントを作り始めました。ずっと作りたくて、数年かかってやっと納得のいくものに仕上がったのは、ピアノの鍵盤柄のマントです。天使の羽が付いたマントも、赤ちゃんのようにかわいく変身できてお気に入りですね。



■小梅ちゃんがキービジュアルに!ウサギの魅力たっぷりなイベントが開催
今回紹介したミントくんも出展される「うさぎしんぼる展 2020 in 名古屋」が、2020年11月3日(祝)まで「TODAYS GALLERY STUDIO. NAGOYA」(名古屋市中区)で開催中。minchanさんの物販では、大人気のウサギ用マントに新作の「minminマント(ハロウィン)」(2500円)が仲間入り!ハロウィン仕様のキュートな衣装も、ぜひ会場でチェックしよう!

※新型コロナウイルス感染拡大予防策として入口での検温、消毒液の設置、スタッフのマスク着用などを実施している。詳細は公式Webサイト参照。

●うさぎしんぼる展 2020 in 名古屋 / 期間:開催中~2020年11月3日(祝) / 会場:TODAYS GALLERY STUDIO. NAGOYA / 住所:愛知県名古屋市中区新栄1-17-12 / 電話:03-5809-3917 / 時間:11:00~18:00 / 休み:月曜・火曜※11月3日(祝)は営業 / 料金:600円※3歳以下入場無料

※上記は予定のため、内容は変更になる可能性があります。
※新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.