サイト内
ウェブ

TDL『美女と野獣』新エリアのグルメレポート!“ガストンの酒場”で豪快メニューを食べてみた

  • 2020年10月7日
  • Walkerplus

東京ディズニーランドに、9月28日にオープンした待望の『美女と野獣』エリア。ここには新アトラクション以外にも、ガストンの酒場をモチーフにした、たっぷりとお腹を満たせるレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」が登場。どのようなメニューが提供されているのか、さっそく実食レポートをお届けしよう!

まずは内装をチェック。店内には、ガストンの狩猟を物語る鹿の角や動物の彫刻が誇らしげに飾られており、暖炉の上にもガストンの大きな肖像画が掛けられているなど、映画の中のシーンが再現されている。

フード・ドリンクメニューの注目は、なんといってもガストンさながらに豪快にかぶりつける骨付きソーセージ入りのクロワッサン「ビッグバイト・クロワッサン」。大きくてジューシーなソーセージとサクサクの生地が食欲をそそる一品だ。ほかにも、ビーフシチュー入りのパイ「ハンターズ・パイ」(単品各750円)、ガストンの大好きなビールをイメージしたホイップクリーム入りのさわやかな炭酸ドリンク「ベリーチアーズ」(1杯450円)など、満足度たっぷりのメニューが揃う。

そんな豪快なグルメたちの中で、編集部が特におすすめしたいのは「フレンチトースト・サンド」(単品750円)。チキンとベシャメルソース、とろ~りチーズがサンドされており、メイプルのフレーバーと甘塩っぱい風味、カリカリに焼き上げられた表面がポイント!通常のフレンチトーストとはひと味違う、ボリューミーでご馳走感あふれるメニューに仕上げられていた。「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」に訪れた際は、個性のある3種類のパン(クロワッサン・パイ・フレンチトースト)を食べ比べてみるのもおすすめだ。

取材・文=平井あゆみ

※「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」の入店には東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトからの予約が必要です(店頭では予約不可)。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※価格はすべて税込み

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.