サイト内
ウェブ

土の中から見つかった動物たちが大集合!島根県松江市で「風土記の丘アニマルワールド~土の中の動物園~」開催

  • 2020年10月12日
  • Walkerplus

島根県松江市にある島根県立八雲立つ風土記の丘で、ミニ企画展「風土記の丘アニマルワールド~土の中の動物園~」が12月7日(月)まで開催中。

松江市の南方にある大庭地区・竹矢地区一帯は、島根県を代表する文化財が集中しており、古代出雲の中心地とされている。このなかでも東西5キロメートル、南北4キロメートルの範囲に点在する史跡群をフィールド・ミュージアムとして総合的に保存・活用している施設が、島根県立八雲立つ風土記の丘だ。

遺跡から人と動物の関わりを示すさまざまなものが出土している。たとえば、縄文から古墳時代の動物の骨や牙などで作った道具やアクセサリー、古墳時代の埴輪には鹿や馬、猪形埴輪、江戸時代から残る松江城下町からは食べられた後に捨てられた骨、動物の描かれた陶磁器などが見つかっている。

ミニ企画展「風土記の丘アニマルワールド~土の中の動物園~」では、そんな動物達にまつわる出土品など140点を展示。古代以来の歴史文化が根付く島根県ならではの展示イベントだ。

動物達と深く関わり、生活してきた息遣いなどを感じられる「風土記の丘アニマルワールド~土の中の動物園~」に出かけよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2022 KADOKAWA. All Rights Reserved.