サイト内
ウェブ

【関西ドライブ】淡路島で旬の名残ハモ&伊勢エビを堪能

  • 2020年9月24日
  • Walkerplus

ハモといえば夏のイメージだが、秋になると脂がのってより美味に。新名所も続々と誕生中の淡路島を巡って、新鮮な海の幸で満腹に!

■兵庫県立公園 あわじ花さじき
広大な花畑越しに大阪湾が望めるスポット。展望デッキと新展望スペースをつなぐ空中回廊が目玉の「花さじきテラス館」が誕生し、絶景がより楽しめるように。館内にはオープンサンドが名物のカフェレストラン「Galleri」も登場。

<兵庫県立公園 あわじ花さじき 住所:兵庫県淡路市楠本2805-7 電話:0799-74-6426 時間:9:00〜17:00(最終入園16:30) 休み:なし 席数:Galleri86席 料金:入園無料 駐車場:約200台(200円/1回)>

■新島水産 東浦店
初夏の走り、夏の旬に続き、名残と呼ばれる秋のハモは身が肥えて脂もたっぷり。タマネギの甘味がダシに溶け込んだ島の名物鍋にくぐらせれば、旨味が口いっぱいに。注文を受けてからさばく、水産卸会社直営の名店で贅沢な秋を!

名物の「淡路島極上ハモすきコース」(1人前7000円)は、ハモの湯引きや刺身、天ぷら、釜飯などが付く全6品のコース。内臓まで味わえる鮮度とオリジナルのダシが味の決め手。

島では伊勢エビも夏から秋が漁の最盛期。活け伊勢エビ(1尾3000円~時価)は、プリッとした刺身か食べ応えのある焼きが選べるので好みで。

<新島水産 東浦店 住所:兵庫県淡路市仮屋63-2 電話:0799-75-2222 時間:11:30〜14:00(LO)※11:30〜・12:00〜・13:00〜・13:30〜の4部制(要予約) 休み:木曜 席数:30席 駐車場:16台(無料)>

■こぞら荘
「kozoracafe house.」などを手がける島カフェブームの立役者が、別荘地に立つカフェ「森のオト」のそばに1日3組限定の宿や焼き菓子店、雑貨店をオープン。緑豊かな高台の複合施設で、のんびりと流れる島時間に癒されて。

<こぞら荘 住所:兵庫県淡路市里573-6 右上ル※森のオトは左上ル 電話:0799-70-4582、森のオト0799-70-1885 時間:森のオト10:00〜17:30、こぞらのおやつ11:00〜※施設により異なる 休み:不定休 席数:森のオト24席 駐車場:約50台(無料)>

■淡路島タコステ
明石海峡大橋が望める「たこフェリー」の跡地に誕生した複合施設では、島の特産品や新鮮野菜が手に入るほか、唐揚げやタコ焼きといった気軽な売店も。生しらす丼などが味わえる海鮮レストランも好評だ(営業は15時まで)。

<淡路島タコステ 住所:兵庫県淡路市岩屋1414-27 電話:0799-64-7551 時間:10:00〜18:00、レストラン11:00〜15:00 休み:水曜 席数:52席 駐車場:約40台(無料)>

■青海波 -SEIKAIHA-
日本の文化を発信する劇場と、和洋の2つのレストランで構成。劇場は定期的に公演内容が変わり、9月は桂文枝がプロデュースする舞台を上演。島の食材を使うグルメと合わせて楽しみたいなら、スケジュールを早めて。

<青海波 -SEIKAIHA- 住所:兵庫県淡路市野島大川70 電話:0799-70-9020 時間:11:00〜21:00(LO20:00) 休み:木曜 席数:海の舎約80席 駐車場:約50台(無料)>

※「関西ウォーカー」2020年10月号より転載。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルスの影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ電話などの事前予約や確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 KADOKAWA. All Rights Reserved.