サイト内
ウェブ

STU48・薮下楓「ファンの皆さんに恩返しを倍返しだ!」

  • 2020年9月18日
  • Walkerplus

「ポッター平井の激推しアイドル!」第233回は、STU48の薮下楓(やぶしたふう)が登場。STU48は9月2日に5thシングル『思い出せる恋をしよう』をリリースし、オリコンのシングルウィークリーランキングで初登場1位を獲得!デビューシングルの『暗闇』以降5作連続の1位となった。

今回は、その朗報を受けたばかりの薮下 楓を直撃!新曲の聴きどころはもちろん、そのタイトルにちなんだ「思い出せる○○」についても語ってもらった。(9月8日、大阪市内にて)

■もうすぐ20歳!

―今回は、生まれた頃からポカリスエットを飲んでいた薮下楓ちゃんです(笑)。

薮下「昨日のSHOWROOMを観て下さっていたんですか⁉ありがとうございます!生まれた頃から飲んでいたみたいです(笑)」

―ふうちゃんがママに電話をして、いろいろ暴露されるという神配信でしたが、ママさんは、ザ・大阪のおかん!という感じで…(笑)。

薮下「本当にその通りです!」

―10月7日に20歳の誕生日を迎えますが、今の心境を聞かせて下さい。

薮下「早く20歳になりたいです!10代最後の1か月なんですけど、特にこだわりもないので(笑)」

―大人になったなぁと思う時はありますか?

薮下「アイドルになってすぐの時は落ち込みやすかったんですけど、最近は落ち込むことはあっても切り替えがすぐにできるようになったので、そこは成長したかなって思います」

―昔は食べられなかったものが食べられるようになったとかは?

薮下「ゴーヤが苦手だったんですけど、食べられるようになったし、好き嫌いはほとんどなくなりました。レバー以外は大丈夫です(笑)」

■初の冠レギュラーラジオ番組

―MBSラジオで初の冠レギュラー番組『STU48薮下楓の楓のショー』(日曜24:30~24:40/野球中継延長の場合は繰り下げ)が8月2日からスタートしました!この番組が決定したことは、どんなふうに聞きました?

薮下「スタッフさんから、いい話があるって言われて、何ですか?って聞いたら、ラジオの冠番組が決まったよって。それからずっとファンの皆さんに早く報告したくて、ウズウズしていました(笑)」

―番組がスタートして、ファンの皆さんからの反響は?

薮下「10分は短いよ~って言って下さったり、私が実況ツイートをすることも多いので、ファンの皆さんも一緒に夜更かしして、それを楽しんで下さっていることが楽しいです」

―大阪の名物パーソナリティの方を招いて、トークの極意を教わるというコンセプトですが、これまで豊永真琴さん、MBSの松井愛アナウンサーがゲストで登場しました。

薮下「私はすごく緊張していたんですけど、豊永さんも愛さんも本当に優しい方で、『全然緊張しなくていいよ~。大阪弁いっぱい出していこな~』みたいな感じで言ってくださって緊張が解けました。たくさんお話ししていただいてすごく楽しかったですし、学ぶことも多かったです」

―ふうちゃんは先ほど松井愛さんの番組にゲスト出演していたので、今度は豊永さんの番組にもゲスト出演できたらいいですね。

薮下「出たいです!」

―Kiss FM KOBEのレギュラー番組『STU48の瀬戸内の胸の内』で共演中の珠久美穂子さんが「私も出たい!」と、おっしゃっていましたね。瀬戸胸では聴けないような2人のトークも聴いてみたいです。

薮下「珠久さんとはプライベートでも仲良くさせていただいていているので、素の2人のトークをお見せできたらおもしろいんじゃないかなと思います(笑)」

■思い出せるトークをしよう

―新曲のタイトル『思い出せる恋をしよう』にちなんで、"思い出せるトーク"をしたいと思います。箱の中に「思い出せる○○」と書かれた紙が入っていますので、そのテーマについてトークして下さい。では、1枚目をどうぞ!

薮下「<思い出せる2期研究生とのエピソード>!この間、初めて知ったんですけど、田中皓子ちゃんとか中村舞ちゃんが2期研究生の子とごはんに行ったっていう話を聞いて、すごくビックリして。私はまだごはんに行ったりしたことがなくて…(笑)。本当に人見知りなので、2期研究生の子と喋る時、敬語で話してしまいます。それが距離を感じさせてしまうのかなと思うんですけど…」

―これから特に仲良くなりたいと思う2期生メンバーは誰ですか?

薮下「鈴木彩夏ちゃん!私と同い年なんですけど、私もあやパンちゃんも楽屋で静かなので、波長が合いそうって勝手に思っています(笑)。あと、尾崎世里花ちゃんも静かなタイプなんですけど、『ふうさんのモバイルメール取ってます』って小声で話してくれるので、もっと仲良くなりたいです!」

―2期研究生の2人もそういうタイプなら、先輩から話しかけないといけないですね(笑)。

薮下「そうなんですよ~(笑)。2期研究生は元気な子が多いので、圧倒されっぱなしです。次の取材の時には、おもしろいエピソードを持って来れるように頑張りたいと思います!」

―期待しています(笑)。では、次のテーマを引いて下さい。

薮下「<思い出せるオンラインお話し会>!この間、初めてオンラインお話し会があったんですけど、ファンの方と1対1でお話しできる時間が本当に久しぶりで、お互いにテンションが上がっていて。すごく楽しくてずっと幸せな気持ちで、あっという間に1日が過ぎていきました」

―オンラインお話し会ならではの楽しさを感じたことは?

薮下「私のグッズを飾ってくださっていたり、誕生日プレゼントはこれを送るねって見せてくれたり、チェキをたくさん並べてくださったりもして。私が書いたチェキがファンの方の手元に届いて喜んでくださっている姿を画面越しですけど、見ることができてうれしかったです!」

―では、次のテーマをラストにしましょう。

薮下「<思い出せるSTU48号>!やっぱり就航式が思い出深いです。初めて船に乗って、港にやって来て、報道の方もたくさんいらっしゃって。手を振っていた時の景色ははっきりと覚えていますし、初めてSTU48号の船上劇場のステージに立って、ファンの皆さんを見た時はすごく感動しました。自分たちの船で自分たちの公演が出来るということはすごいことなんだなって、改めて実感することが多くて、楽しかったです。だから、来年の春で専用劇場としての役目を終えるって聞いた時は寂しかったです。まだ時間があるので、今まで以上に思い出を作りたいと思います」

■『思い出せる恋をしよう』は本当にキュンキュンする曲

―9月2日にニューシングル『思い出せる恋をしよう』がリリースされました。そして今日発表されましたが、オリコンウィークリーランキングで1位!おめでとうございます!

薮下「ありがとうございます!本当にうれしいですし、ファンの皆さんがいて私たちがいるんだって改めて実感しました。私たちももっと倍の気持ちで、ファンの皆さんにお返ししていきたいなって思います」

―半沢直樹ですね(笑)。

薮下「倍返しだ!(笑)。"倍返し恩返し"でやっていきたいと思います!」

―『思い出せる恋をしよう』の聴きどころは?

薮下「両想いソングなんですけど、ちょっと懐かしい感じもありますね。すごくピュアで本当にキュンキュンする曲だなって思います」

―1期生・ドラフト3期生の歌唱バージョンと、2期研究生の歌唱バージョンがあります。歌唱メンバーが異なる2パターンの同一表題曲はAKB48初の試みです。

薮下「不思議な感覚なんですけど、1期生とドラフト3期生バージョンはデビューから3年たったので、成長したところを感じていただけたらと思います。2期研究生のフレッシュな歌声も楽しんでいただけたらうれしいです」

―『CDTVサタデー』(TBS系)と、『うたコン』(NHK)で披露していました。特に『CDTVサタデー』では、ふうちゃんの1ショットも多かったですね。

薮下「そうなんですよ~!CDTVを観て好きになったよっていう方も多くて、すごくうれしかったです!」

―収録時の裏話を教えて下さい。

薮下「プールの特設ステージでお昼に収録があったんですけど、太陽の光が反射して眩しかったんです。カメラもたくさんあって、リハーサルの時は私を撮っていただけるカメラの場所がわからなくて(笑)。カメラ目線ができなかったんですけど、本番では成功しました!」

―ダンスの見どころは?

薮下「振付は今回も辻本知彦先生にやっていただいたんですけど、フェイスシールドとかアルコールプッシュ手洗いとか、コロナの現状に合わせた振付もたくさん入っています。辻本先生から『ひとつひとつを大切にしてほしい』と言っていただいたので、指先までこだわって丁寧に踊ろうと心掛けていますね。あとサビの部分でメンバー1人だけ違う振付があったりするので、間違い探しみたいに楽しんでいただけたらと思います」

―MVの見どころは?

薮下「1期生とドラフト3期生が現在で、2期研究生が過去という設定のドラマ仕立てのMVになっています。私が好きなところは、ラムネで乾杯しているシーン。現在と過去でリンクしているシーンがいくつもあるので、注目して観てください!」

―石田千穂ちゃんとのユニット「ふうちほ」で『短日植物』というカップリング曲も歌っていて、2人で制作したMVも公式YouTubeで公開されています。

薮下「MVは、なかなか撮影することが難しい状況の中で『ファンの皆さんに少しでも楽しんでもらえたら』という気持ちで作ったんですけど、撮影も編集も全部自分たちでやって楽しかったです」

―公園で遊んだり、シャボン玉をしたり、デート気分を味わえるMVですね。

薮下「それを意識して撮影しました。シャボン玉とかは全部100均で揃えました(笑)」

―最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします!

薮下「STU48がもっともっと躍進していけるように全員で頑張っていきたいと思うので、STU48の活動を見て笑顔になっていただけたらうれしいです。これからも応援よろしくお願いします!」

―マネージャーさんと間違えて、メンバーのグループLINEに自撮りの写真を50枚も送らないようにして下さい(笑)。※9月3日のSHOWROOM配信より

薮下「はい!気をつけます(笑)」

取材・文・写真=ポッター平井

<ポッター平井・プロフィール>
構成作家・ライター。MBSラジオ『NMB48のTEPPENラジオ』などを担当。松田聖子さんの"輝き"に魅せられて以来、30年以上アイドルを応援し続けるアイドル・サポーター。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 KADOKAWA. All Rights Reserved.