サイト内
ウェブ

我孫子市白樺文学館で山田家秘蔵のコレクションを観賞できる「志賀直哉展」開催中

  • 2020年10月12日
  • Walkerplus

千葉県我孫子市の我孫子市白樺文学館で『白樺』創刊110年記念 市制施行50周年記念「志賀直哉展―山田家コレクションを中心に―」を11月8日(日)まで開催している。

同人雑誌「白樺」の創刊や「暗夜行路」「城の崎にて」などの代表作で知られる小説家・志賀直哉。その孫にあたる山田裕氏が寄贈した「山田家コレクション」を中心とした展覧会。山田家コレクションは、裕氏の母で志賀直哉の五女田鶴子に伝わったと思われる志賀直哉ほか白樺派や民藝関係の「志賀系資料」と、曽祖父で実業家の山田直矢の幕末~大正期にかけての政財界人からの書簡や代々山田家伝来のものなどからなる「山田系資料」で構成されている。

本展では、第1弾として志賀系資料を中心に紹介。志賀直哉の書や油彩画、日用品、署名本など、子孫である山田家だからこそ伝わった貴重なコレクションを観覧できる。山田家コレクションは現在も継続して資料調査を行っており、政財界、文学美術等に名を遺した歴史上の人物たちの名前が数多く登場し、その価値は今後高まっていくといわれている。

明治から昭和にかけて活躍した志賀直哉が生きた時代の貴重な資料を楽しめる「志賀直哉展―山田家コレクションを中心に―」に足を運んでみよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2024 KADOKAWA. All Rights Reserved.