サイト内
ウェブ

【コロナ対策情報付き】コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine Cityの魅力を紹介!都会の真ん中で究極の癒やし体験を

  • 2020年9月19日
  • Walkerplus

東京都豊島区にある、コニカミノルタプラネタリウム“満天”の見どころをはじめ、攻略法、お土産まで、おでかけの前に知っておくと便利な情報を徹底レポート!(※記事内で紹介している展示やアトラクション、イベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。ご注意ください)

■コニカミノルタプラネタリウム“満天”ってどんなところ?大人のための新感覚プラネタリウム
プラネタリウム機器メーカーであるコニカミノルタプラネタリウム株式会社の直営館。同社はほかに、有楽町にある「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」、墨田区押上にある「コニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウン(R)」を含めた3館を運営している。

今回紹介する池袋サンシャインシティ内の“満天”では、本物のような漆黒の夜空に輝く星や、まるでその場所に行ったようなリアリティのある映像を楽しむことができる。その秘密は、“満天”が採用している、段差のない水平型ドーム。この形は、地上の星の位置を忠実に再現することができ、よりリアルな夜空を楽しむことが可能になるのだ。ドーム中央では圧倒的な没入感に浸ることができ、ドーム後方では作品全体を楽しめるなど、シート位置によって作品の印象も変わるという。時間によって鑑賞できる作品が違うので、事前に公式サイトで上映スケジュールを確認して好みの作品をチェックしておこう!

■【見どころ1】最新鋭の光学式投映機を使用した臨場感あふれる映像
“満天”に設置された「Infinium Σ(インフィニウム シグマ)」は、シャープに輝く星々と、奥行きのある高精細な天の川を楽しむことができるうえ、静音性も抜群な最新鋭の光学式投映機だ。さらに、2018年6月のリニューアルで、ドームに映すプロジェクションシステムも一新された。全天ドームスクリーンに映し出される8Kマルチプロジェクションシステムにより、臨場感のある鮮やかな映像を実現。「InfiniumΣ(インフィニウム シグマ)」との統合で、体験したことのないような、心に響く感動の星空が映し出される。自然の星空をとことん追求したプラネタリウムで、特別な時間を堪能しよう。

■【見どころ2】プレミアム感を追求したシートでリラックス
「プラネタリウムは座って鑑賞するもの」という常識を覆した、2種類のプレミアムシートも大人気。
ドーム前方に広がるフルフラットの「芝シート」には、優れた体圧分散で、体に負担がかからないエアウィーヴを採用。見た目にも機能にもプレミアム感を追求した特等席だ。その後ろには、真っ白でふかふかの「雲シート」が。雲に寝そべって星空を眺めたい、そんな願いを実現する夢のようなシートとなっている。「プレミアムシートの雲シート・芝シートは、寝転びながらゆったりと星空を鑑賞できて、忘れられないひとときをお楽しみいただけると思います」と、施設担当者もイチ押し。カップルシートとしても使えるので、デートにもぴったりだ。

■【見どころ3】ヒーリングプラネタリウムで癒やしのひとときを
映像と音楽、そしてアロマを組み合わせた、女性に評判のヒーリングプラネタリウムも魅力。プラネタリウムならではのドームサラウンドシステムで実現する立体音響は、ライブとは一味違う、心安らぐ音楽が楽しめる。視界に広がる驚くほどリアルな星空と音楽が共鳴する、ここにしかないエンターテインメント体験だ。さらに、作品のテーマに合わせて調合されているオリジナルのアロマが、より癒やし効果を高めてくれる。視覚、聴覚、嗅覚…と、さまざまな感覚を満たしてくれる空間で、疲れた心と体をいたわってみては?

■【回り方・楽しみ方】写真映えするエントランスも必見!
“満天”のエントランスは、星をモチーフにしたライトや、キラキラ光る床などがあり、とてもロマンチックで幻想的な雰囲気。ロビーには、人の動きに合わせて星やオーロラがスクリーンに煌めく「MITENE(ミテネ)」というインタラクティブコンテンツが。待ち時間も楽しめるようになっているので、開場時間の少し前に行って、きらめく星をバックにSNS用のおしゃれな写真を撮ってみよう!鑑賞後は、ドームの出口付近にある“満天”ショップへ。こちらのショップは、プラネタリウムの鑑賞者以外も利用することができるので、ぜひ気軽に立ち寄って。

■【ショッピング・お土産】オリジナルグッズも充実!星空をモチーフにしたアイテムをゲットしよう
“星空を贈ろう”をテーマに、星空にまつわるオリジナルグッズが数多くそろう“満天”ショップ。星や宇宙をモチーフにしたトートバッグや、グラスマグカップのほか、“満天”の星空体験をローズマリーやローズで表現した「満天の香り-Aroma of MANTEN」(税抜1463円)、雲シートにある、とろけるような柔らかさの「プレミアムマシュマロクッション」(税抜1945円)など、バラエティに富んだ商品が並ぶ。

また、バタフライピーと呼ばれる青いハーブティーに、菊の花と星型の金箔を加えた、「星に願いを(ノンカフェインティー)」(税抜1019円)もおすすめ。付属のレモン果汁を加えると、色がブルーから紫、ピンクへと変わっていき、夜空が朝焼けに変わるような色の変化が楽しめる。ギフトにはもちろん、おうちカフェとして、家でのリラックスタイムのお供にも最適だ。

■【混雑情報】ゆっくり過ごすなら平日か土日の夜がおすすめ
施設の担当者によると、「土日の午後はお客様が多いですが、上映回ごとに定員のある施設なので、そこまで混雑せずにお楽しみいただけます。おすすめするとしたら平日と、土日の夜の来館です」とのこと。また、最近は1人でゆったりと星空を楽しむ人が増えているそう。頑張った自分へのご褒美に、贅沢な癒やしの時間を過ごすのもいいかも。

■【アクセス】池袋駅・東池袋駅から向かおう
電車の場合、JR・東京メトロ・西武池袋線・東武東上線「池袋駅」の東口より徒歩20分。出口がたくさんあって迷いやすいが、サンシャインシティに1番近い35番出口から出るのがおすすめ。また、東京メトロ有楽町線「東池袋駅」からは、西口改札を出て6・7番出口のエスカレーターを上がると、右手にある地下通路からそのままサンシャインシティに入ることができる。東池袋駅からは徒歩10分ほど。

車の場合、首都高速道路5号線の東池袋出口に直結しているので、東池袋ICを降りて左に曲がるとすぐに入口に到着する。駐車場は、サンシャインシティ駐車場を利用しよう。料金は、30分300円。

■【新型コロナウイルス感染予防対策】
・施設への入館および、作品の鑑賞に際しマスクの着用をお願いいたします。お持ちでないお客さまはご入場いただけません。
・マスクの着用と合わせて「咳エチケット」へのご協力をお願いいたします。
・チケット購入列にお並びの際や開場をお待ちいただく際は、お客さま同士のソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。
・毎日営業前にドーム内の座席、お手洗い、ロビー等の除菌・消毒を実施しております。
・施設入口に赤外線サーモグラフィ装置を設置しております。発熱があると思われる場合には、検温を実施させていただきます。
・施設内は興行場法に基づいた空調設備を常時稼働させ、外気を取り入れつつ適切な換気・湿度の調整を行っております。
・密集・密接を避けるため、入館制限を行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。
・ブランケットの貸し出しを一時中止させていただきます。換気の機会を増やすことにより、施設・ドーム内の空調効果が損なわれる恐れがあるため、お客さまご自身での防寒/防暑対策をお願いいたします。

<施設情報>
住所:東京都豊島区東池袋3-1-3 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル屋上
時間:11:00の回~20:00の回
休み:不定休(作品入替期間は休館)
アクセス:【電車】JR他 池袋駅東口より徒歩20分、または東京メトロ有楽町線 東池袋駅より徒歩10分 【車】首都高速5号線 東池袋出口直結
駐車場:1800台 300円/30分
チケット料金:プラネタリウム作品 芝シート(小学生以上2人まで)3500円/1シート、雲シート(小学生以上2人まで)3800円/1シート、一般シート 大人(中学生以上)1500円、子供(4歳以上)900円。
ヒーリングプラネタリウム作品 芝シート(小学生以上2人まで)3900円/1シート、雲シート(小学生以上2人まで)4200円/1シート、一般シート 一律1700円。
※芝シート・雲シートは大人2名分の鑑賞料金を含む(1人での利用の場合でも1シートの料金となる)

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※2020年8月時点の情報です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 KADOKAWA. All Rights Reserved.