サイト内
ウェブ

インスタ投稿で大きな花火を打ち上げよう!SNS活用のキャンペーンで夏の思い出作り

  • 2020年8月14日
  • Walkerplus

線香花火や手持ち花火の写真投稿を募り、集まった写真を組み合わせて大きな花火の画を完成させる企画「『多~摩や~』インスタグラムキャンペーン」を、神奈川県川崎市の多摩区役所が主催。8月31日(月)まで投稿を募集し、その後9月上旬に「ピクニックタウン多摩区」のインスタグラムアカウント(@picnictown_tama)にて、投稿素材を利用した花火の“打ち上げ”を行う。
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、全国各地で花火大会の開催中止が相次ぎ、日本人にとって大切な夏の風物詩が失われた今年。神奈川県川崎市の多摩区役所では、「コロナ禍でも花火を楽しむきっかけを作りたい」という想いから、本キャンペーンを企画した。

「『多~摩や~』インスタグラムキャンペーン」は、インスタグラムのアカウントを持っていれば誰でも参加可能。線香花火もしくは手持ち花火を楽しむ様子を各自で撮影し、ハッシュタグを付けて投稿。その中からキャンペーン事務局が写真を選出して、みんなで一つの花火の画を完成させるという企画だ。期間中は何回でも投稿できて、過去に撮影した花火の写真を使用するのもOK。アカウント非公開での投稿は、キャンペーン対象外となってしまうため注意が必要だ。写真が選出された人には、後日個別にダイレクトメールが届くという。

「一人一人の線香花火が集まれば、大きな打ち上げ花火にも負けない花火となります。今年の夏はご自身が花火師となり、一緒に大きな花火を打ち上げて見ませんか」と同事務局はコメント。 それぞれに花火を楽しんだ後は、ハッシュタグ「#ピクニックタウン多摩区で花火」と共に写真をアップし、力を合わせてインスタグラム上に花火を打ち上げよう!


キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2021 KADOKAWA. All Rights Reserved.