サイト内
ウェブ

対策を徹底してコロナwith音楽フェスの前例に!「MUSIC CIRCUS’20」

  • 2020年8月17日
  • Walkerplus

トライハードジャパンは10月3日(土)、4日(日)に音楽フェスティバル「MUSIC CIRCUS’20」を開催するのに先駆け、8月11日(火)から、入場チケットの発売を開始した。

■泉南のビーチをアツく彩る、MUSIC CIRCUS

ビーチフェスティバル「MUSIC CIRCUS」は、ダンスミュージックを主体とした音楽フェスで、2014年から毎年、大阪・泉南市で開催されている。

当初9月初旬の開催を予定していたが、コロナ禍の影響で1か月延期し、10月3日(土)、4日(日)に開催することとした。

しかし、国の指針が日々変化することや国外の情勢が直接影響する外国人アーティストの招致難航などが複雑に絡み合い、「開催を見合わせるべき」との声や「ライブ配信で楽しむべきと」との声もあった。

■これを前例に業界全体が前に進めれば

だが、音楽フェスの醍醐味は大勢の人と空間を共有すること。さらに、今後またイベントが開催できない事態になるかもしれず、困難な状況下ではあるが、フェスの開催に踏み切った。

同社では「万が一、失敗だったといわれる結果に終わったとしても、前例を踏まえた新たなアクションが起こり、業界全体が前に進むきっかけとなることを願っています」とし、開催に向けて準備中だ。

■早割やグループ割など、お得な入場チケットも

入場チケットは早割やグループ割、最前列で楽しめるプレミアムなどバリエーション豊富。早めの購入が吉だ。

■感染予防対策を徹底して開催

また、新型コロナウイルス感染予防については、会場各所(入口、 飲食エリアなど)への除菌スプレーの設置や観覧座席の消毒、トイレや飲食エリアの定期清掃の徹底、飛沫防止対策としては、スタッフのフェイスシールド着用や来場者へのマスク着用呼びかけ、希望者へのフェイスシールド無料配布、大声での発生や会話の自粛呼びかけを徹底。

さらに運営スタッフの検温と健康確認、入場ゲートでの来場者全員への検温、ソーシャルディスタンスの確保として入場待ち列では間隔を開ける、入場者数の制限などを盛り込む。

接触回避策としてはキャッシュレス支払いの推奨や金銭授受時のトレイ使用、飲食物のシェア禁止の呼びかけなどに加え、WEB問診票の登録徹底や大阪コロナ追跡システムへの登録呼びかけによる追跡システムなど、様々な形で対策を予定している。

詳細なガイドライン、出演アーティストについては近日発表予定。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2024 KADOKAWA. All Rights Reserved.