サイト内
ウェブ

姫路市立動物園の楽しみ方をガイド! 動物を身近に感じられ癒されるイベントも多数

  • 2020年6月4日
  • Walkerplus

※記事内で紹介している展示やアトラクション、イベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。ご注意ください。

■姫路市立動物園ってどんなところ?姫路城の城下に広がる、愛くるしい動物たちの園
国宝、そしてユネスコの世界文化遺産にも登録されている姫路城に隣接する姫路市立動物園(兵庫県姫路市)。1951年のサンフランシスコ講和条約調印を記念してオープンし、2021年には開園70周年を迎える。そんな歴史ある動物園をより一層楽しむコツを伝授!

■【アクセス】姫路駅から徒歩15分!入園料が安いのも魅力
姫路市立動物園のキャッチコピーは“お城の中の動物園” 。お城とは日本の宝・姫路城で、その三の丸広場の東側に隣接していることに由来する。公共交通機関を利用する場合は、JR姫路駅北口から神姫バス「大寿台行」または「姫路獨協大学行」を利用し、姫路城大手門前で下車(所要4分)。そこから徒歩で5分ほど。姫路駅から歩いても15分ほどなので、姫路城を目指しながら姫路の駅前を散策するのも一興だ。

車でアクセスする場合は、山陽自動車道・播但連絡道路の山陽姫路東ICから一般道で約15分。専用の駐車場はないので、姫山駐車場(3時間まで600円、3時間以上1日900円)、大手門駐車場(3時間まで600円、3時間以上1日900円)など最寄りの公営駐車場を利用しよう。園内には正面入口と北入口の2カ所から入れる。

個人利用の場合は入園券の前売販売はなく、当日入口の窓口で購入する。市立動物園だけに、大人(高校生以上)は210円、小人(5歳~中学3年生)は30円という破格の安さ。さらに団体利用は30名以上1割引、300名以上3割引と安くなる。団体割引は事前申請が必要。申請書は公式サイトで確認を。

そして年に数回、入園料が無料になる日が!「姫路城観桜会」(毎年4月上旬)、「姫路お城まつり」(毎年5月下旬)、「姫路ゆかたまつり」(毎年6月下旬。浴衣姿の人に限る)という周辺イベント開催時のほか、「関西文化の日」(毎年11月の特定日)、「勤労感謝の日」(毎年11月23日)の祝祭日も無料開放される。ただし、無料デーはかなり混雑するので、ゆったり観覧したい人は避けたほうがよい。

※料金はすべて税込。営業時間・定休日などは公式HPなどで要確認。新型コロナウイルスの影響により2020年は「姫路城観桜会」「姫路お城まつり」「姫路ゆかたまつり」は中止

■【見どころ】見つけると「幸せが訪れる」といわれるラッキー動物とは?
2020年4月現在、101種407頭の動物が飼育されている。園内の総面積は約3万760平方メートル。これは甲子園球場(総面積約3万8500平方メートル)よりひと回り小さいサイズで、個人差はあるがおおよそ40分程度ですべてを回れる。そこで今回は正門入口をスタートし、時計回りに園内をぐるりと1周する王道コースを紹介しよう。

正面入口を入って、最初に目に留まるのが「フラミンゴ舎」。チリーフラミンゴが30羽以上飼育されている。うっすらピンク色の羽毛が美しく、その優雅な姿にうっとりさせられる。

カンガルーやリクガメ、コアリクイ、サルなどを観察しつつ歩を進めると、その先に控えるのが「レッサーパンダ舎」。ヒナタ(オス)、ミホ(メス)の2匹が飼育されていて、愛らしい表情に胸キュン! 一生懸命に笹を食べる姿もかわいい、園内屈指の人気モノだ。

そして園内のほぼ中央にあるのが「ゾウ舎」。開園当初からのシンボル的な存在であるアジアゾウの姫子(メス)が暮らしている。初代・姫子は1994年に亡くなっていて、現在は2代目。1日3回(9時~、13時~、15時40分~)の「食事タイム」、さらには1日2回(9時~、15時40分~)行われる飼育係による「健康チェック」の時間になると、舎の前には黒山の人だかりができる。

その後はリスザル、ダチョウ、ヒグマ、ライオン、シマウマなどを見て回り、いよいよクライマックスへ。それが園内の南東にある「キリン舎」だ。アミメキリンのコウスケ(オス)と、2018年3月に「姫路セントラルパーク」からやって来たキキ(メス)が首を長くして待っていてくれる。コウスケの右前足にはハートの模様があり、見ることができた人には幸運が訪れるというジンクスがあるので、ぜひ探してみて。

※新型コロナウイルスの影響によりイベントは中止の可能性あり。詳細はHPで確認を

■【イベント】動物との触れ合いイベントやキッズ大興奮の遊園地も!
園内では毎日さまざまなイベントを開催。その一つが「お食事タイム」で、毎日決まった時間に行われる飼育員によるエサやりを観賞できる。時間帯は動物によって異なるので、お気に入りの動物のお食事時間を見逃さないように公式サイトなどをチェックしよう。

動物と直接触れ合えるイベントも好評。「ふれあい広場」で毎日10時30分~11時30分、13時30分~14時30分に行われる「ふれあいタイム」で、係員の説明を受けながら、モルモットやヤギ、ヒツジなどの小動物に手を触れることができる。

さらに小さな子供たちに人気なのが遊戯施設。園内南側の「無料休憩所」周辺、園内北側の「ふれあい広場」周辺の2カ所にあり、南側には飛行機や観覧車など、北側にはティーカップ、モノレール、バッテリーカーといった遊戯がそろう小さな遊園地。それぞれ1回200円で遊べる。

大人も楽しめるのが、園内の中央にある「はく製展示室」。かつて動物園で飼育し、亡くなってしまった動物などのはく製や骨格標本を展示・公開している。なかには今も生きているようなリアルなものもあり、見応え十分だ。

※新型コロナウイルスの影響によりイベントは中止の可能性あり。詳細はHPで確認を

■【攻略法】天気のよい日は屋外広場でお弁当を広げよう!
園内には食堂・売店がないため、1日たっぷり遊びたい日はお弁当を持参しよう。長椅子12台、イス40脚ほどを設置している「無料休憩所」のほか、屋外には「ふじ棚休憩所」が3カ所、芝生の上でくつろげる「屋外広場」が2カ所あり、持ち込んだ飲食物(アルコール類は不可)を食べることができる。暖かく、天気のよい日は屋外広場がおすすめ。ピクニック気分でランチなど食事も満喫したい。

そのほか、おむつ台付きのバリアフリートイレや授乳スペース、園内貸出用のベビーカー6台、車イス3台(ともに無料)も用意。乳幼児連れや障がい者への配慮も行き届いている。

■【楽しみ方】世界遺産にもなっている「姫路城」のなかの動物園!世界的にもレア
公立動物園ならでのアットホームな雰囲気の姫路市立動物園。世界遺産にも登録されている国宝「姫路城」に隣接しているがゆえに制限があり、老朽化した施設の改修ができず、近い将来の移転も検討されている。そうなる前にぜひ、世界的にも珍しい“お城の中の動物園”を楽しもう! お城周辺を散策するなど、お城とセットで楽しむのがおすすめ。

■【おすすめ】施設担当者に聞く!姫路市立動物園の魅力・楽しみ方
「当動物園は昭和26年12月の開園以来、さまざまな年代のお客様に支えられ運営してまいりました。園内では一年を通して多数のイベントを実施しており、かわいい動物たちと触れ合う場として、また、遠足等の校外学習を行う、地域の社会教育の場としてもご活用いただいております。ぜひ一度足を運んでいただければと思います」姫路市立動物園 一同 

■【新型コロナウイルス感染予防対策】
・園内各所、手すりやトイレ等、来園者が触れる部分を消毒しています。
・スタッフのマスク等の着用や体調管理を徹底しています。
・園内各所に手指消毒液の設置しています。
・来園者が動物を見学する際のマーキングをしています。
・感染防止対策に関する園内放送、掲示物等の設置をしています。

取材・文=河合哲治郎

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※2020年5月時点の情報です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2020 KADOKAWA. All Rights Reserved.