サイト内
ウェブ

秋はインナードライが加速!?40代が始めるべき肌ケア4つ

  • 2019年10月14日
  • つやプラ

秋になり、涼しくなってきたと同時に肌のカサつきを感じてはいませんか? それは、もしかすると夏の間にうけたダメージで水分不足になっているのかも知れません。

これからますます気温が下がると、肌のダメージもより深刻になる可能性があります。

skincare

美容ライターの筆者が、秋から始めたい「うるおいを守り、肌状態を健康に保つケア方法」をご紹介します。

■秋の肌状態はどうなっている?

夏の間にうけた紫外線や冷房などのダメージで、秋の肌は思っているより乾燥しています。肌を触ってみてカサつきを感じなくても内部は乾燥している「インナードライ」状態になっていることがあります。

夜に虫の音が聞こえてきたら、スキンケアを見直すタイミングです。

■秋に行いたいスキンケア4つ

(1)クレンジング、洗顔料を変える

暑い時期はさっぱりとした感触のクレンジングが好まれますが、涼しくなってきたら、しっとりとした仕上がりになるものを選ぶといいでしょう。なかでも、「バームタイプ」は肌の上ですーっと溶けるので、摩擦によるダメージをうけにくいため、おすすめです。

洗顔料は、「弱酸性」などの肌にやさしいものを選びましょう。

(2)ブースターをとり入れる

気温が高いと暑さからなにかと面倒になり、スキンケアの手順を省略していた人も多いのではないでしょうか。涼しくなってきた今が、ブースターを復活させる絶好のタイミングです。

化粧水の前にとり入れると保湿力が格段に上がり、いつもの肌が見違えるほどになります。午後になるとうるおい感がなくなり乾燥を感じる方は、ぜひここでひと手間かけてみてください。

(3)化粧水&ローションパック

肌の乾きに即効でアプローチをかけるなら、化粧水とコットンを使ったローションパックがおすすめです。コットンは何枚かに薄く裂けるものを使うと便利です。

やり方はとても簡単です。コットンを水(または精製水)に軽く浸して、化粧水をたっぷりと染み込ませれば完成です。

あとは、数分間顔に貼るだけです。ただし、コットンが乾くまで貼ることはNGです。肌の水分を余計に奪ってしまう原因ともなります。

(4)水分補給は身体の中からも

意外と見落としがちなのが、体内からの水分補給です。体内で摂った水分は、肌にも影響を及ぼします。

涼しくなると水分補給を怠りがちになりますが、積極的に水分を摂取して、身体の内側からうるおいを与えましょう

いかがでしたか? 秋から保湿ケアを始れば、乾燥によるダメージも怖くありません。肌の状態を見ながら、少しずつスキンケアの見直しをしていきましょう。

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛登志子
日本化粧品検定1級を取得後、複数のwebメディアで記事を執筆。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信中。)

【関連記事】
矯正下着が臭いの原因に!?デリケートゾーンのお悩み解決法
NGケアで毛穴悩みが悪化?毛穴タイプの見極め方&最適ケア
歯磨きしながらほうれい線予防!「ながらdeたるみケア」3つ
冷やした化粧水がたるみを招く!?アラフォーのNGスキンケア

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。