サイト内
ウェブ

ダイエット効果も!?ノンアルビールの賢い飲み方

  • 2018年12月7日
  • つやプラ

お酒を飲む機会が多いと、体重が気になりますよね。そして、肝臓への負担も心配になるところです。そんな時に役立つのが「ノンアルコールビール」ですが、これも飲み方次第では太ってしまう場合があります。

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、美味しくヘルシーにノンアルコールビールを楽しむ秘訣をご紹介します。

■炭酸には「食欲増進効果」があります

ノンアルコールビールを飲んでいても太ることが考えられるのは、炭酸の持つ「食欲増進効果」にあります。また、お酒を飲んでいる雰囲気を味わえることで、気分が開放的になって食べ過ぎてしまうというケースもあるでしょう。

ノンアルコールビールとともに食事をする際は、自分の食べている量を把握しておくように心がけましょう。

■添加物の少ないものを選ぶ

ノンアルコールビールで太らないためには、人工甘味料などの添加物がなるべく入っていないものを選ぶことが大切です。食品添加物をとり過ぎると腸内細菌のバランスが崩れやすいので注意しましょう。

そして、デトックスがスムーズに促されないと身体に毒素がたまり、代謝が下がって太りやすくなってしまいます。

■冬場は、キンキンに冷えた飲み物は控える

夏の暑い日のキリッと冷えたビールは美味しいですが、寒い時期に冷たいものを飲むと身体が冷えすぎてしまう恐れがあります。

冬場は、あまり冷やさずに飲むことをおすすめします。

■「ホップ」の持つダイエット効果をいかす

ノンアルコールビールの原料である「ホップ」には、中性脂肪の蓄積を抑えるダイエット効果があることが報告されています。なので、上記の3点に気をつければ、ノンアルコールビールは太らない飲み物といえるでしょう。

さらに、肝臓に負担をかけずにアルコール気分が楽しめるので、美と健康のサポートに大いに活用したいアイテムでもあります。

■ノンアルコールビールと楽しみたいヘルシーレシピ2選

太らないようにするためには、旬の野菜で「ビタミン」「ミネラル」「食物繊維」をしっかりとることがポイントです。野菜をたっぷりいただけるレシピをご紹介します。

(1)鶏もも肉とブロッコリーのガーリックソテー

味噌とガーリックの風味で元気になる一品です。

材料(2人分)

・鶏もも肉 250g
・ブロッコリー 1株
・にんにく 1かけ
・鶏がらスープの素 小さじ1
・味噌 大さじ1/2
・酒 大さじ1
・塩、こしょう 適宜
・ごま油 小さじ2

作り方

(1)鶏もも肉はひと口大に切り、塩、こしょうをふって下味をつけておきます。
(2)ブロッコリーは小房に分け、茎の部分は厚めに皮をむいてひと口大に切り、30秒ほど下茹でをしておきます。
(3)ボウルにみじん切りにしたにんにく、鶏がらスープの素、味噌、酒を入れて混ぜ合わせておきます。
(4)フライパンでごま油を熱し、(1)を入れて炒め、8割ほど火が通ったところで(2)と(3)を加え、少し煮詰めて完成です。

(2)白菜と豚肉の韓国風サラダ

旬の白菜の甘さが引き立つ、栄養バランスも満点のレシピです。

材料(2人分)

・白菜 1/8個
・豚小間切れ肉 100g
・ごま油 大さじ1
・塩 小さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1
・にんにく 1かけ
・こしょう 適宜
・焼き海苔 1枚
・ごま 小さじ1

作り方

(1)白菜は食べやすい大きさに切り、洗って水気をしっかり切っておきます。
(2)にんにくは、すりおろしておきます。
(3)フライパンにごま油を熱し、豚小間切れ肉、塩、鶏がらスープの素、こしょう、(2)を加えて炒めます。
(4)(1)に(3)を乗せて軽く混ぜ、ちぎった焼き海苔とごまをふって完成です。

1日の終わりにいただくビールはリラックスを招くうれしいものですが、これをノンアルコールのものに変えれば、いっそう心にも身体にもやさしいひとときが味わえます。ノンアルコールビールを上手に利用してくださいね。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

【関連記事】
・なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
・今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
・カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
・「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

【参考】
※ホップ – わかさ生活

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。