サイト内
ウェブ

味噌の〇〇が美をサポート!味噌の作りおきレシピ3選

  • 2018年11月9日
  • つやプラ

腸内環境を整えることは、美と健康の基本ですよね。そこで、積極的にとりたい成分が「乳酸菌」です。

乳酸菌は、「味噌」からもしっかり摂取することができます。

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、もっととり入れたい味噌の活用法をご紹介いたします。

■腸内環境の改善は、食生活が基本

腸内環境の改善には、日頃の食生活に気を配ることが基本です。

たっぷりの水分に上質のオイルや食物繊維といったものに加えて、乳酸菌もきちんととっていきましょう。

■「味噌」は、毎日とりたい乳酸菌食材

腸内環境改善のために欠かせない「乳酸菌」は、おなじみのヨーグルトやチーズ、キムチといった食材からとれますが、「味噌」も乳酸菌を含んでいます。味噌は、和食には欠かせないものです。もっと注目して、1日1度はとるようにしましょう。

塩分によるむくみが気になるという方は、カリウムを含むバナナやアボカドをとると、予防や改善の効果が期待できるのでおすすめです。

美白効果も期待

味噌には、美白効果が期待できることもわかってきました。味噌に含まれる「遊離リノール酸」という成分が、メラニンの合成を抑えて、美白効果にひと役買ってくれるのだそうです。

日本人の肌の美しさは世界でもトップレベルと評判ですが、その理由もうなづけるのではないでしょうか。

■味噌汁のほかにも!手軽にできる味噌レシピ3選

味噌といえば、どうしても味噌汁ばかりになってしまうという方におすすめしたい、手軽にできる味噌レシピをご紹介します。作り置きにも対応している、野菜がとても美味しくなる3品です。

(1)味噌のダブル乳酸菌ドレッシング

味噌とヨーグルトを使った、ダブルで乳酸菌がとれるドレッシングです。鶏のソテーや温野菜にもどうぞ。

材料(作りやすい分量)

・味噌 小さじ1
・プレーンヨーグルト 大さじ2
・マヨネーズ 小さじ1
・オリーブオイル 小さじ1

作り方

すべての材料を混ぜ合わせれば完成です。

(2)根菜ときのこの味噌マリネ

腸内環境改善におすすめの一品です。お好みの根菜やきのこでアレンジ可能です。

材料(3~4人分)

・ごぼう 1/2本
・にんじん 1/2本
・しめじ 1パック
・味噌 大さじ1
・すりごま 大さじ1
・酢 小さじ2
・ごま油 小さじ1
・塩、こしょう 適宜

作り方

(1)ごぼうとにんじんは皮をつけたまま千切りにして、シャキッとした歯ごたえが残るように茹でます。
(2)しめじは石づきをとってほぐし、さっと茹でます。
(3)味噌、すりごま、酢、ごま油をよく混ぜ合わせ、塩、こしょうを加えて味を調え、マリネ液を作ります。
(4)(1)と(2)を、(3)のマリネで和え、30分ほど味をなじませれば完成です。

(3)味噌とクリームチーズのディップ

野菜スティックがとても美味しくなるディップです。サンドイッチのスプレッド代わりにも◎です。

材料(作りやすい分量)

・クリームチーズ 50g
・味噌 小さじ1
・すりごま 小さじ1
・からし 小さじ1/3

作り方

(1)クリームチーズは室温でやわらかくしておきます。
(2)(1)に味噌、すりごま、からしを加えてよく混ぜ合わせれば完成です。

欧米のヘルシー志向な方の間では、味噌は立派な健康食品としてとても人気になっています。味噌が、これからの美をサポートしてくれるのはうれしいことですね。

長年、日本人の健康を支えてくれている味噌を、もっととり入れていきましょう。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

【関連記事】
・なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
・今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
・カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
・「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

【参考】
※乳酸菌 – わかさ生活
※タケヤみそ
※カリウム – わかさ生活

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。