サイト内
ウェブ

援軍電車 伊豆から北海道へ出発進行! 東急「ザ ロイヤルエクスプレス」と白い電源車

  • 2020年7月21日
  • 乗りものニュース

北海道を応援するため、伊豆の観光列車「ザ ロイヤルエクスプレス」が長い旅に出ました。東急とJR北海道、JR東日本、JR貨物が連携して行うもので、合わせて元「ゆうマニ」の「電源車」も、北海道に旅立っています。

静岡から北海道へ 地震からの復興を応援すべく

 静岡県の伊豆半島を走っていた電車が2020年7月21日(火)の早朝4時39分、伊東駅(静岡県伊東市)から遠く北海道へと旅立ちました。

 横浜〜伊豆急下田間で、2017年7月から運行が開始された観光列車「THE ROYAL EXPRESS(ザ ロイヤルエクスプレス)」。この列車を走らせている東急と、JR北海道、JR東日本、JR貨物が連携し、北海道胆振東部地震(2018年9月)の影響を受ける同地をその列車の運行で応援すべく、送り出したものです。

 北海道に旅立った電車「ザ ロイヤルエクスプレス」は、新型コロナウイルスの影響でスケジュールに変更が出たものの、2020年8月28日(金)から3泊4日のコースを3回走行。札幌から十勝、知床エリアなどを巡る予定です。

 ちなみに、この北海道3泊4日のコース、旅行代金は68万円(2名1室利用の基本料金。税別)。150名の募集に対し1232名の応募があり、倍率は約8.2倍だったとのこと。

 また今回、「電車」の「ザ ロイヤルエクスプレス」と合わせて、「電源車」も北海道へ渡ります。この「電源車」も、このたび初めてお披露目されました。

生まれ変わった元「ゆうマニ」電源車

 北海道で「ザ ロイヤルエクスプレス」が走る路線は、線路の上に車両へ電気を供給する架線がない区間が多数あるほか、架線がある区間でも、使っている電気の種類が違います(「ザ ロイヤルエクスプレス」は直流の電気で走る電車で、JR北海道の架線に流れているのは交流の電気)。

 そのため、「ザ ロイヤルエクスプレス」がJR北海道線を走るには、走るだけならディーゼル機関車にけん引されればよいとしても、車内照明などに使用する電気を調達する必要があります。

 そこで利用されるのが「電源車」です。ディーゼル発電機を搭載した車両で、これも今回、「ザ ロイヤルエクスプレス」と一緒に北海道へ旅立ちました(北海道までの車両輸送はJR貨物が担当)。

 この電源車は元々、JR東日本が「リゾートエクスプレスゆう」という団体列車などに使用される電車向けに使っていたもので(通称「ゆうマニ」)、それをJR東日本は東急電鉄に、今回の北海道応援のために譲渡。「ザ ロイヤルエクスプレス」を手がけたのと同じデザイナー、水戸岡鋭治さんの手で装いが改められて、北海道へ向かいました。

 なお電源車は、外装以外はJR東日本時代と特段の変更はないとのこと。また「ザ ロイヤルエクスプレス」の車両(伊豆急2100系電車)は、北海道で機関車にけん引され電源車から電気を受けながら走れるよう、手を加えたそうです。

【動画で見る!】汽笛一声 伊豆から北海道へ旅立つ「ザ ロイヤルエクスプレス」&電源車

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2020 mediavague Co., ltd.