サイト内
ウェブ

「海を飛ぶ船」バリアフリーに 東海汽船 新ジェットフォイル「セブンアイランド結」の全貌

  • 2020年7月9日
  • 乗りものニュース

25年ぶりとなる新造ジェットフォイル「セブンアイランド結」が、東海汽船の伊豆諸島航路に就航します。船体を浮かせて航行する超高速性能はそのままに、船内は初めてバリアフリーに。島の生活を大きく変えたジェットフォイルが進化しました。

外装もシートも「TOKYOアイランドブルー」に

 東海汽船が2020年7月13日(月)に、ジェットフォイルの新造船「セブンアイランド結(ゆい)」を就航させます。それに先立つ7月9日(木)、船の内外が報道陣へ公開されました。

「ジェットフォイル」は、アメリカのボーイングが開発した水中翼船です。2基のガスタービンエンジンで毎秒3トンの海水を後方に噴き出しながら、船体を水面から3mほど浮上させて航行することから、「海を飛ぶ船」などとも称されます。約80km/h(43ノット)という超高速性能を持ち、東京〜伊豆大島間およそ120kmを1時間45分で結びます。

 メーカーは川崎重工。ボーイングから製造・販売権を引き継ぎ、1995(平成7)年までに15隻を建造したものの、その後は製造が途絶え、運航事業者は中古船を購入して若返りを図るなどしていました。今回は同社としても25年ぶりの新造ジェットフォイルです。これにより東海汽船は、伊豆諸島航路で運航している「セブンアイランド虹」(1981年ボーイング製)を置き換えます。

 東海汽船はジェットフォイルをほかに3隻保有していますが、「セブンアイランド結」はそれらとはまず、カラーリングが大きく異なります。既存船がどれもカラフルなのに対し、新しい「結」は、「TOKYOアイランドブルー」と呼ばれる藍色一色のシックな外観になり、シートなど内装にも藍色が多く使われています。

 デザインしたのは、東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムも手掛けた美術家の野老朝雄(ところあさお)さん。伊豆諸島を実際に訪ね、大海原を疾走する藍色の塊が、東京と島々を「繋ぐ」という意思を表現したそうです。

「令和のジェット船」その中身とは?

「セブンアイランド結」のもうひとつの大きな特徴は、ジェットフォイル初の「バリアフリー船」であることです。デッキから客室への通路は、車いすも通れるよう広く取られ、多目的トイレが設けられたほか、階段にはリフトも装備されました。なお港と船をつなぐボーディングブリッジにもリフトが設けられています。

 このほか、船の形や大きさ、2階建ての各フロアに客席が並ぶ船内の様子も、既存のジェットフォイルと大きくは変わりませんが、アナログだったコックピットの計器類はフルデジタル化されています。クジラやイルカといった海洋動物との衝突事故を防ぐためのソナーや、船体から動物が嫌がる音を発するというアンダースピーカーも備えているそうです。

「セブンアイランド結」は、おもに東京〜大島〜利島〜新島〜式根島〜神津島航路で用いられます。東海汽船は貨客船に加え、2002(平成14)年からジェットフォイルを同航路で運航していますが、東京〜大島間はいまや、ジェットフォイルのシェアが8割近くを占めているといいます。

 また、ジェットフォイルの超高速性能と小回りの良さは、噴火や地震などの自然災害と隣り合わせの伊豆諸島において、島外への迅速な避難を可能にするといいます。そうした災害対応への有用性から、東京都も建造費の45%を補助するなどして、今回の新造に至りました。東海汽船の山崎潤一(「崎」は異体字)社長は、ジェットフォイルが島々の足として欠かせない存在になっているとしています。

「セブンアイランド結」船内外を動画でチェック!

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2020 mediavague Co., ltd.