サイト内
ウェブ

「JAL特別塗装機」3選 大胆デザイン「鶴丸なしジャンボ」も飛んだ

  • 2020年2月19日
  • 乗りものニュース

JALグループの塗装といえば白ベースにロゴが入った胴体と「鶴丸」などの白と赤の尾翼デザインが特徴ですが、特別塗装は必ずしもそうとはいえません。どのようなもので、どういった背景があるのでしょうか。3つ選びました。

白ベースの胴体 白&赤の尾翼のスタイルは共通

 JAL(日本航空)グループの塗装といえば、真っ白な胴体に大きく描かれた「JAPAN AIRLINES」の文字、そして垂直尾翼に描かれたトレードマーク「鶴丸」が特徴です。同社は過去に数回、塗装を変えており、「鶴丸」がなかった時期もありますが、白がベースでロゴが入った胴体に白と赤の尾翼、といったスタイルは共通しています。

 しかし同じJAL機でもそれらとは大きく異なった、ユニークな特別塗装機も見られます。2020年2月現在、運航されているJALの特別塗装機は、同年開催予定の「東京オリンピック・パラリンピック」にちなんだ「みんなの2020ジェット」をはじめ、エアバスA350-900型機にアイドルグループ「嵐」を描いたものなどがありますが、これまでにどのようなものが見られたのでしょうか。3つを以下に挙げました。

JAL特別塗装の先駆け「リゾッチャ」

 JALグループにおける特別塗装機の先駆けのひとつともいえるのが、1994(平成6)年から登場した通称「リゾッチャ」シリーズでしょう。

 JALは1994年からリゾート路線キャンペーンを行い、ボーイング747型機や、ダグラスDC-10型機の特別塗装機を、同年6月に就航させます。これは機体いっぱいにハイビスカスと南洋の鳥をペイントしたもので、胴体にJALグループのロゴは入っているものの、トレードマークの「鶴丸」はありません。JALはこれらの特別塗装機を、まずハワイのホノルル発着路線に投入、ついでグアム、サイパン、那覇空港などを発着する路線で運航しました。

 なお、この特別塗装機の一部には「スーパーリゾート・エクスプレス」という名称がついているのですが「リゾッチャ」という呼称のほうが馴染み深いでしょう。というのも、「リゾッチャ」は当初キャンペーン自体の名称だったそうですが、のちに機体の通称としても用いられ、機体にも「Resocha」のロゴが入るようになりました。ちなみに、この語源は「リゾート」と「やったぜ!」を意味する「アイガッチャ(I gotcha)」を組み合わせたものだそうです。

JALでもっとも長い歴史をもつ特別塗装機とは

 JALのなかでも、最も長い歴史をもつ特別塗装機は、先述の「リゾッチャ」就航から間もない1994(平成6)年8月に就航した、ディズニーキャラクターとのコラボレーション塗装「JALドリームエクスプレス」でしょう。

 初代「JALドリームエクスプレス」は、「クラシックジャンボ」ことボーイング747型機とボーイング767-300型機の2機体制で運航を始めました。機体全体が雲を見立てた白と水色のベースカラーとなっており、そのうえに「ミッキーマウス」などのキャラクターが描かれています。トレードマークの「鶴丸」はなく、JALのロゴは垂直尾翼下部に控えめに見える程度です。

 そののち「JALドリームエクスプレス」は、不定期でシリーズ化します。

 特に2代目にあたる「JALドリームエクスプレス21」では、6機の「ハイテクジャンボ」ことボーイング747-400型機(国内線向けの-400D型も含む)が、ディズニーキャラクターの描かれた特別塗装となりました。これはJAL創立50周年と、テーマパーク「東京ディズニーシー」開園、ならびにディズニーキャラクターの生みの親であるウォルト・ディズニーの生誕100周年を記念したものといいます。

 なお2020年現在は、ボーイング767-300型機の特別塗装機「ドリームエクスプレス90」が運航されており、同年3月までは路線に投入される見通しです。

JALグループの特別塗装機は南国沖縄からも

 JALグループで、沖縄を拠点とする地域航空会社JTA(日本トランスオーシャン航空)で見られる特別塗装機が「ジンベエジェット」です。

 沖縄美ら海水族館(沖縄県国頭郡)とのコラボレーション塗装で、同水族館の名物、巨大なジンベエザメをイメージしたこの「ジンベエジェット」は、2012(平成24)年12月に、当時の主力機ボーイング737-400型機でデビューします。2020年2月現在は、同型機の後継機種であるボーイング737-800型機で、同様の塗装が引き継がれ運航されています。

 JTAによると発案者は同社の運航乗員(パイロット)で、水族館で見たジンベエザメがきっかけだそうです。青ベースの「ジンベエジェット」のほか、ピンクベースの「さくらジンベエ」が運航されています。

※ ※ ※

 こうした特別塗装機の多くは、機体外観のみならず、その機内でも、ヘッドレストのカバーやドリンクサービスで提供されるカップなどに、特別塗装にちなんだオリジナルデザインを見られることが多いです。

 ちなみに「リゾッチャ」ではユニークな機内サービスとして「ビンゴ大会」が行われていたほか、「ジンベエジェット」では過去にVR(仮想現実)ゴーグルを使った同社オリジナルコンテンツの提供を行っていました。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2020 mediavague Co., ltd.