サイト内
ウェブ

小田急ふたたび御殿場へ アウトレット内 観覧車跡地にホテル&温浴施設 新展開の狙い

  • 2019年12月9日
  • 乗りものニュース

小田急グループが、20年ぶりに御殿場へ本格的レジャー施設を展開。箱根と一体となった観光エリアの構築などを目指します。また、その場所は「御殿場プレミアム・アウトレット」内。なぜアウトレットに宿泊・入浴施設なのでしょうか。

「御殿場プレミアム・アウトレット」内に「富士山ビュー」ホテル&温浴施設

 小田急グループが手がける「HOTEL CLAD(ホテル クラッド)」と温浴施設「木の花の湯(このはなのゆ)」が2019年12月15日(日)、静岡県御殿場市の「御殿場プレミアム・アウトレット」内にオープンします。

「御殿場プレミアム・アウトレット」は、1999(平成11)年9月に閉園した「小田急御殿場ファミリーランド」の跡地に誕生したもので、このたび登場するホテル、温浴施設の場所にはかつて、観覧車がありました。

 小田急グループの電車やバスは御殿場を毎日走っているほか、同グループが「御殿場プレミアム・アウトレット」内のレストランを運営していたこともありますが、こうした本格的なレジャー施設を小田急グループが御殿場で展開するのは、「ファミリーランド」閉園以来20年ぶりです。

 12月9日(月)に行われたホテルと温浴施設の開業式典で小田急電鉄の星野晃司社長は「閉園から20年がたちこの地で開業できることは嬉しく、感慨深いです。私どもには思い入れの大きい土地です」とあいさつ。来賓の若林洋平御殿場市長は「20年ぶりにお帰りなさいませ。市民はそれが一番嬉しいです」と返しました。

「HOTEL CLAD」「木の花の湯」とも「日本」を感じる「和」のデザインと、「富士山ビュー」が大きな特徴。梁(はり)の位置を工夫して見えやすくするなど、「富士山ビュー」という立地を最大限に生かしたといいます。

 実際にホテルのロビーへ入ると、大きな窓の向こうに、富士山がまるで絵画のようにそびえていました。またホテルは、客室に「御殿場プレミアム・アウトレット」へ出店している「JOURNAL STANDARD」のコンセプトルームがあるのも特徴です。

小田急が御殿場へ手を広げる狙い 進化する「御殿場プレミアム・アウトレット」

「箱根にいらっしゃる方のなかには、御殿場で富士山を見たいという方も多いです。箱根と御殿場が一体的な観光エリアになり、日本一の素晴らしいリゾートエリアになるのではと期待しています」(小田急電鉄 星野晃司社長)

 御殿場エリアは、小田急グループが幅広く事業を行っている箱根エリアに隣接。御殿場への展開で事業に面的な広がりを持たせること、そしてホテル事業の強化を小田急グループは狙います。

 またアウトレット施設内にこうしたホテル、温浴施設を設けることについて、「御殿場プレミアム・アウトレット」を手がける三菱地所・サイモン株式会社の山岸正紀社長は「単なるアウトレットから進化するにはどうしたらいいか」から始まり、今後は「日本有数のショッピングリゾート」にしていきたいと意気込みを語ります。

「御殿場プレミアム・アウトレット」では現在、第4期の増設工事が行われており、ホテルと温浴施設はそれにともなって設けられ、ひとあし早く開業したもの。2020年春には、店舗数およそ300(現在は約210)という、ホテルと温浴施設付きの巨大アウトレットモールに“進化”する予定です。

 なお12月15日(日)から29日(日)まで、オープン記念キャンペーンとして、「御殿場プレミアム・アウトレット」で税込3万円以上を購入したレシートを提示すると(レシートは当日のみ有効で合算可。1組1名1回限り。無くなり次第終了)、「木の花の湯」の無料チケットを1組に1枚プレゼントするキャンペーンなどが行われます。「木の花の湯」の利用料金は平日1600円、土休日1900円です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2020 mediavague Co., ltd.