サイト内
ウェブ

火災・停電 新幹線はどうなる? JR東海が大規模訓練 新型N700Sは送電なくても自走

  • 2019年11月13日
  • 乗りものニュース

JR東海が、三島車両所で「東海道新幹線 総合事故対応訓練」を行いました。新型新幹線N700Sの確認試験車も登場。地震で停電が発生したことを想定し、バッテリーで自走しました。列車火災の想定では、外国人や車いすの人の誘導・救助も行われました。

「14号車でモバイルバッテリーから出火」

 出火した列車からの避難誘導や、新型車両「N700S」のバッテリー自走を中心とした「東海道新幹線 総合事故対応訓練」が、2019年11月13日(水)、東海道新幹線の三島車両所(静岡県三島市)で行われました。

 列車火災の訓練想定は、上り「のぞみ」の14号車でモバイルバッテリーから出火し、非常ブザーにより駅間に停車したというもの。東京オリンピック・パラリンピックを想定し、外国人や車いすの利用客も多く乗車しています。

 出火が確認されると初期消火ののち、14号車から先頭の16号車に向けて避難が始まりました。新幹線総合指令所は日本語と英語で、14号車で出火したことと、乗務員の指示に従って16号車に避難するよう放送します。車掌長は車いすの乗客を救出するとともに、パーサー(車内販売員)や警備員とともに、乗客を誘導しました。

 16号車では、車両右側のドアにはしごを設置。乗客は乗務員らの指示に従い、順番に車外へ避難しました。

 飛来物の除去訓練は、台風で飛んで来た物を、作業員と保守用車(クレーン)で撤去するという内容。運転再開に向けて、線路に散乱している飛来物を人力とクレーンで撤去していきました。

停電でもバッテリーで自走する新幹線

 2020年7月に営業運転開始が予定されている新型車両「N700S」には、自走用のバッテリーが搭載されます。このバッテリーを使った訓練も行われました。

 想定は、静岡地方で起きた強い地震により東京〜名古屋間が停電したというもの。駅間に停車したN700S確認試験車は、近くの駅(に見立てた車庫)までバッテリーで走ります。

 訓練がスタートすると、走り出したN700S確認試験車は車内が突然暗くなり、緊急停止しました。原因が停電と判明すると、車掌は「現時点で停電の復旧見込みが立たないため、この列車は、最寄り駅までバッテリーにて走行いたします。これからバッテリーで走行するための切り替えを行います」と放送。その後、列車はゆっくりと走り出し、駅に到着しました。

「東海道新幹線 総合事故対応訓練」は、JR東海が大規模災害や不測の事態に備え、各社員の連携力強化や技術力向上、若手への技術伝承を目的に、定期的に行っているもの。今回はおよそ1200人が参加しました。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2019 mediavague Co., ltd.