サイト内
ウェブ

間宮羊かんを確保せよ! 旧海軍将兵が大歓喜した特務艦「間宮」 その表と裏の顔とは?

  • 2019年10月22日
  • 乗りものニュース

軍隊の士気を左右する要素のひとつは食事、旧日本海軍でその一端を担っていたのが給糧艦「間宮」です。将兵たちが血眼になって求めたという名物の羊かんなどが広く知られますが、実は食とは全く別の、とある重要任務も担っていました。

連合艦隊の「重要警護対象」

 旧日本海軍の給糧艦(後述)「間宮」は、船体中央に直立した1本煙突が外見上の特徴でしたが、この煙突が見えると海外泊地の艦隊は大騒ぎになりました。新鮮な食糧のみならず、羊かん、最中、饅頭など普段はあまり口にできない「し好品」にありつけるからです。

「間宮」が停泊するや否や、各艦から補給や給糧を担当する主計将校が交通艇で駆け付けます。し好品の量には限りがあったので、いかに多くを受け取れるか、全乗組員の期待を背負った各艦の主計将校の責任は重大でした。

「間宮」は一見して貨物船にも見える外観で、自衛するにも心もとない程度の武装しかありませんでしたが、一方で連合艦隊の「重要警護対象」でした。低速艦であり単独行動することが多かったのですが、航路の選定や護衛には特に念を入れられたといいます。泊地に入れば、投錨は最も安全な場所が割り当てられ、艦隊や地上砲台の対空、対潜警戒は一段と張りつめたものになりました。

 1923(大正13)年7月15日に竣工した「間宮」は軍艦ではなく、特務艦種の運送艦として登録されていますが、特に給糧艦とも呼ばれます。「給糧艦」、すなわち食糧の補給艦です。「腹が減っては戦もできぬ」という海軍の強い要望で、日露戦争後の明治から大正にかけての建艦計画である八八艦隊計画内で予算が付いていた能登呂型給油艦の1艦ぶんの予算を流用して建造され、基準排水量1万5000トンで就役、当時は世界最大の給糧艦でした。1941(昭和16)年12月5日には、さらに2隻目の給糧艦「伊良湖」も竣工しています。日本海軍も決して補給を軽視していたわけではなく、限られた予算をやりくりして、できることはやっていたのです。

その存在は士気に直結!

「間宮」は、艦内に1万8000人の3週間ぶんの食料が保存できる倉庫、冷凍冷蔵庫があり、さまざまな厨房が並び、専門の職人が軍属として腕を振るうという、海に浮かぶ一大食品製造コンビナートです。アイスクリーム、ラムネ、最中、饅頭などのし好品からこんにゃく、豆腐、油揚げ、麩(ふ)など、海外ではまず手に入らないような多くの加工食品を製造することができました。その製造能力は1日で食パン1t、羊かん1万2000本、ラムネ1万5000本、饅頭4万0000個というものでした。

「間宮アイス」は銀座の資生堂パーラーやコロンバン製に匹敵するといわれ、名物の「間宮羊かん」はレンガのように大きく、開戦後、砂糖や小豆などが希少品となってからもその味は変わらず、老舗有名店の羊かんよりも人気があったそうです。各艦の主計将校が躍起になるのも、無理もありません。

 艦内士官室は、士官のクラス会が開催できるほど客船のサロン並みに広く、クリーニング店や理髪店があるなど、1隻で基地の厚生棟の役割を果たすこともできました。海軍将校だった作家の阿川弘之氏が、著書『軍艦長門の生涯』のなかで「『長門』が連合艦隊の象徴なら、『間宮』は連合艦隊のアイドルであった」と書いているように、連合艦隊の士気に直結した活力源でした。「重要警護対象」扱いされるのも無理からぬことです。

 こういった特務艦の艦長といえば、予備役寸前の大佐と相場が決まっていたのですが、「間宮」の艦長は通信畑の専門家が務めていました。実はこれが、連合艦隊のアイドルが持つ「裏の顔」の一端を示しています。

「給糧艦」という性格上、比較的余裕のある設備と自由な行動スケジュールを活かし、「間宮」は強力な通信設備を搭載して、「無線監査艦」という任務も担っていたのです。この通信設備は敵艦の通信を傍受するのではなく、日本海軍内での通信のやり取りを監視するためのものでした。

 無線監査とは、密かに各艦の通信状況を傍受監視し、通信の不適切な発信や無駄な発信をする不良通信艦を摘発したり、応答や発信時間を計測して通信技量を測定したりすることです。そのため、艦隊司令部通信関係の「事情通」は、「間宮」が来航すると嬉しい反面、ドキドキもしたそうです。通信不良艦の幹部は「間宮羊かん」を堪能していたら、艦隊司令部から呼び出されて怒られるという、「間宮」のおかげで天国から地獄のようなこともあったといいます。

「間宮」は1944(昭和19)年12月20日夜に、アメリカ海軍の潜水艦「シーライオン」に発見され攻撃を受けます。魚雷4本が命中し航行不能となり、翌21日未明にはさらに魚雷2本を被弾して、南シナ海北部の海南島沖で沈没してしまいます。冬の海上は寒さ厳しく、生存者はわずか6名でした。

 正月を間近にしての「間宮」の喪失は、連合艦隊の士気に多大な影響を与えたといいます。「シーライオン」はそのちょうど1か月前、11月21日に戦艦「金剛」を雷撃で撃沈していますが、戦局に与えた影響はその時よりも大きかったかもしれません。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2019 mediavague Co., ltd.