サイト内
ウェブ

観光列車に使える特急車両キハ261系5000番台新造 カウンター席や個室設置 JR北海道

  • 2019年10月17日
  • 乗りものニュース

「はまなす」編成は2020年10月ごろデビューへ。

 JR北海道は2019年10月17日(木)、観光列車やイベント列車、繁忙期の臨時列車などに活用できる特急タイプのディーゼルカーを新造すると発表しました。

 車両外観のイメージが2月に発表されていましたが、今回はより具体的な車内設備や導入時期などが明らかになりました。

 車両は特急「スーパー北斗」や「スーパーとかち」で使われているキハ261系1000番台をベースとし、外観や内装のデザイン、一部設備を変更します。「はまなす」編成と「ラベンダー」編成の2本(各5両編成)が製造される計画です。

 1号車(定員26人)は、大型テーブル付きのボックス席や窓を向いたカウンター席のあるフリースペースを設置し、イベント時に料理を提供できるようにします。あわせて、地域の特産品などを販売するカウンターや、2人用の個室としても使える多目的室も設置します。

 2号車から5号車(定員200人程度)は、前席の背面に付いたテーブルとともに、ひじ掛け内に収納できるテーブルも用意し、座席を向かい合わせにしても飲食ができるようにします。全席に電源コンセントが設けられるほか、無料の公衆無線LANサービスも導入されます。荷物置き場が各客室に2か所設置されます。

  車両形式はキハ261系5000番台です。使用開始は、「はまなす」編成が2020年10月ごろ、「ラベンダー」編成が2021年4月ごろを予定しています。特急「宗谷」などの定期列車のほか、年末年始など繁忙期の臨時列車、「フラノラベンダーエクスプレス」など観光地へのアクセス列車、団体貸切列車、修学旅行用列車として運行される予定です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2019 mediavague Co., ltd.