サイト内
ウェブ

瀬戸内の新しい観光列車、名前は「etSETOra」 2020年秋、呉線・山陽本線でデビューへ

  • 2019年10月16日
  • 乗りものニュース

キハ47形2両を使います。

 JR西日本は2019年10月16日(水)、呉線や山陽本線を走る新しい観光列車の名称が「etSETOra」(エトセトラ)に決まったと発表しました。

 同社は、広島県の各地域をはじめ山口県の岩国市、愛媛県の今治市・上島町・松山市、岡山県の倉敷市と連携し、2020年10月から12月にかけて観光キャンペーン「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」を開催する予定です。このキャンペーンにあわせ、キハ47形ディーゼルカー(2両編成)を使い、2020年秋ごろに新たな観光列車を導入します。運行線区は、呉線や、山陽本線の尾道〜宮島口間です。

 JR西日本は列車名「etSETOra」について、ラテン語で「その他いろいろ」「…など」という意味の「et cetera」(エトセトラ)になぞらえ、「瀬戸内が次から次に紹介したくなる魅力に溢れていること」を表現したとのこと。「えっと」は広島弁で「たくさんの」「多くの」という意味もあることから、この列車で「えっと」瀬戸の魅力を感じてほしいという思いもあるといいます。

 車内サービスや運転時刻などは、今後、順次発表される予定です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2019 mediavague Co., ltd.