サイト内
ウェブ

旗の台駅「木になるリニューアル」竣工 屋根や待合室に木を活用、長ベンチ復元 東急

  • 2019年7月30日
  • 乗りものニュース

東急池上線の旗の台駅で、多摩産材の木材を使ったリニューアルが竣工。ホームの屋根や待合室が改修されました。下り線ホームで使用していた長い木製ベンチも復元されます。

下り線ホームで木製ベンチ復元

 東急池上線の旗の台駅(東京都品川区)で進められてきたリニューアル工事「木になるリニューアル」が、2019年7月31日(水)に竣工します。

 東京都内の多摩地区で生産される「多摩産材」を使用し、老朽化した駅ホームの屋根を木造に造り替え、待合室なども改修。木造とすることで、鉄骨造に比べ約300トンの二酸化炭素削減に寄与するといいます。

 なおホーム屋根は、都内の鉄道施設では初となるCLT(Cross Laminated Timber)を使用。繊維方向が直交するように積層接着した木質系材料で、断熱遮音の効果に加え、森林資源の循環利用を促進します。

 旗の台駅の「木になるリニューアル」は、グッドデザイン賞などを受賞した池上線 戸越銀座駅(東京都品川区)のリニューアルに続くもので、一部は「平成29年度東京都森林・林業再生基盤づくり交付金事業」において採択を受け、同事業の補助により実施されました。

 そのほか、駅や沿線の開発・改良などで生じた古い木材を活用する「みんなのえきもくプロジェクト」の一環で、下り線ホームにあった長い木製ベンチが復元されます。

 東急電鉄は、「地域にお住まいの皆様に愛される駅および沿線づくりに取り組み、さらなる沿線の活性化に努めていきます」としています。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2019 mediavague Co., ltd.