サイト内
ウェブ

名古屋港の「ローカル線」名鉄築港線に乗る 日中の運行本数はゼロでも重要路線

  • 2019年8月4日
  • 乗りものニュース

名古屋と岐阜や豊橋を結ぶ路線を運営する名古屋鉄道(名鉄)は、名古屋港に延びる全長わずか1.5kmの「ローカル線」も運営。工場で働く人々の通勤路線ですが、貨物線と直角に交差してリニアの廃線跡も見られる、ユニークな路線です。

貨物線の線路と平面交差

 貨物の取扱量が日本の港湾で最も多い名古屋港。港湾部の工場や倉庫に物資を運ぶ貨物線のほか、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線や名古屋市営地下鉄名港線、そして名古屋鉄道(名鉄)が運営する築港線などの旅客路線も多数乗り入れています。

 しかし、あおなみ線や名港線は日中でも旅客列車が10〜15分間隔で運行されているのに対し、名鉄築港線は1日の旅客列車の運行本数がわずか20往復(土曜12往復、休日8往復)。しかも運行時間が朝夕に集中していて、昼間の9時台から15時台は貨物列車も含め、列車が1本も走っていません。

 名鉄築港線は、名古屋の中心部と中部空港方面を結ぶ常滑線の大江駅(名古屋市南区)と、名古屋港の東側にある六号地ふ頭内の東名古屋港駅(同・港区)を結ぶ路線です。2019年7月5日(金)の夕方、この路線に乗ってみようと、名鉄から常滑線方面に向かう急行列車に乗車。大江駅で下車すると、常滑線のホームから線路を数本挟んで少し離れたところに、築港線のホームが見えました。

 18時12分、東名古屋港駅からやってきた大江行きの普通列車が入線。これが折り返し東名古屋港行き普通列車になります。車体の側面や先頭には列車の種別と行き先の表示装置があり、種別は「普通」と表示されていますが、行き先は黒い空欄。その代わり、「大江←→東名古屋港」と書かれた大きな板が、外から見えるように先頭の運転室に置かれていました。

 18時20分に発車すると、すぐに右へカーブして単線の線路を進んでいきます。列車は4両編成ですが、客は1両につき2〜3人ほど。人口が少ない山間部を走るローカル線のようです。しばらくすると、目の前に漢字の「井」のような形を線路が。ふたつの線路が直角に交差しています。

 名鉄築港線と交差した線路は名古屋臨海鉄道の東築線。築港線の南側にある東港駅と北側の名電築港駅を結ぶ貨物線です。ふたつの路線が平面で直角交差するのは非常に珍しく、日本ではほかに伊予鉄道(愛媛県)や、とさでん交通(高知県)などでしか見られません。

駅の上にあるリニアモーターカーの「廃線跡」

 この交差地点を過ぎると、名電築港駅から折り返すようにして伸びてきた線路が寄り添ってきて合流し、終点の東名古屋港駅に到着。大江駅からの所要時間は、わずか3分でした。この先も線路は海のほうまで延びています。

 現在の名鉄築港線は1924(大正13)年1月15日に開業。港湾地帯の貨物輸送をおもな目的に建設され、かつては多数の貨物列車が運行されていました。しかし、周辺の貨物線の運営が名古屋臨海鉄道に集約されたため、築港線の貨物列車は1984(昭和59)年までに廃止され、毎日運転される列車は旅客列車だけになりました。

 あおなみ線は終点の金城ふ頭駅近くに名古屋市国際展示場(ポートメッセ名古屋)やリニア・鉄道館などがあり、名港線の終点・名古屋港駅も付近に名古屋港水族館などの集客施設があります。これに対して東名古屋港駅の周辺は工場があるだけ。そのため、築港線の利用者の9割近くは工場への通勤客で、運行時間帯も朝夕のラッシュ時に限られているのです。

 ただ、日本車輌製造(日車)の豊川製作所(愛知県豊川市)で製造された名鉄の新車が、JR東海道本線や名古屋臨海鉄道の東築線を通って名鉄線内に搬入されることがあります。日車が海外向けに製造した車両も、名鉄の新車と同じルートで東名古屋港駅に入り、船に積み替えられます。普段の運行本数は少なくても、新車を搬入するための重要なルートといえます。

 駅の外に出て、近くの歩道橋から東名古屋港駅を眺めてみると、ホームの床から伸びているコンクリートの柱が2本、屋根を少しだけ突き抜けていました。これは中短距離の都市交通用として開発されたリニアモーターカー(HSST)の名残。1991(平成3)年、築港線に沿ってHSSTの実験線が建設され、大江駅付近から東名古屋港駅のホームの屋根上まで高架軌道が延びていました。

 2005(平成17)年にはHSSTを導入した愛知高速交通の東部丘陵線(リニモ)が開業し、役目を終えた実験線の高架軌道は撤去されましたが、東名古屋港駅の柱はホームの屋根を支える柱として、いまも使われています。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2019 mediavague Co., ltd.