サイト内
ウェブ

陸自新多用途ヘリの試作機、スバルが納入 防衛省で各種試験実施へ

  • 2019年2月28日
  • 乗りものニュース

飛行試験以降、各種確認などが順調に進み、今回の納入に至りました。

 スバルは2019年2月28日(木)、同社宇宙航空カンパニー宇都宮製作所で、陸上自衛隊新多用途ヘリコプターの試作機を防衛省に納入したと発表しました。

 2015年9月に防衛省と締結した試作請負契約を踏まえ、スバルはベル・ヘリコプター・テキストロン社(アメリカ)と民間向け最新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を共同開発し、この機体を共通プラットフォームとして、陸上自衛隊新多用途ヘリコプター試作機を開発・製造しました。

 2018年12月の飛行試験開始以降、性能確認、実証作業などが順調に進み、防衛省の確認を経て今回の納入に至ったといいます。今後、この試作機は、防衛省で各種試験が実施される予定です。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2020 mediavague Co., ltd.