サイト内
ウェブ

JR東日本「風っこ」と東急「ザ・ロイヤル・エクスプレス」が北海道へ JR貨物が回送

  • 2019年2月12日
  • 乗りものニュース

観光列車のJR東日本「びゅうコースター風っこ」と、東急電鉄「ザ・ロイヤル・エクスプレス」が北海道で運行へ。北海道胆振東部地震からの観光復興や地域活性化を目的に、道内を走ります。JR貨物が車両の回送運搬を担います。

ディーゼル機関車がけん引

 JR北海道、JR東日本、JR貨物、東急電鉄の4社は2019年2月12日(火)、東京都内のJR東日本本社ビルで共同記者会見を開き、4社が協力して北海道に観光列車を走らせると発表しました。JR東日本と東急電鉄の観光列車が道内を走ります。

 まず2019年の7月から9月にかけ、JR東日本のトロッコ風ディーゼルカー「びゅうコースター風っこ」(2両編成)をJR北海道が借り入れて、宗谷本線の旭川〜音威子府間と音威子府〜稚内間で「風っこ そうや」号として運転します。

 また、2020年5〜8月のあいだの約1か月に週4日程度、東急の観光列車「THE ROYAL EXPRESS(ザ・ロイヤル・エクスプレス)」を札幌〜道内エリアで運行します。東急が旅行商品の販売や車内サービスなどを行い、JR北海道が列車の運行に協力する形となります。JR貨物は、「ザ・ロイヤル・エクスプレス」の編成を関東から北海道への運搬で協力します。

「ザ・ロイヤル・エクスプレス」は2017年7月からJR横浜〜伊豆急下田間で運転されている豪華観光列車。伊豆急行の2100系直流電車を改造(8両編成、定員100人)した車両を使っています。JR北海道の路線の多くは電化されておらず、電化されている区間も交流方式のため、そのままでは走ることができません。

 JR北海道の島田修社長によると、詳細な運行方法は検討するとしつつ、「ザ・ロイヤル・エクスプレス」にサービス電源を供給するための電源車を連結し、これをディーゼル機関車がけん引して運行するとしています。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2019 mediavague Co., ltd.