サイト内
ウェブ

日本の戦車100年 始まりは神戸のマークIV、そこから世界有数の「原産国」に至るまで

  • 2018年10月19日
  • 乗りものニュース

日本に戦車が登場(上陸)し、今年で100年を迎えました。そのあいだには、輸入か独自開発かを迫られる、2度の決断があったといいます。いずれも後者を選び、そしていまに至るわけですが、その経緯を解説します。

今年は日本に戦車が現れて100周年!

 2018年10月17日、日本に初めて戦車がやってきてちょうど100周年を迎えました。100年前のこの日、イギリスより輸入されたマークIV戦車が、神戸に到着したのです。

「陸戦の王者」と呼ばれる戦車(=TANK)ですが、初めて登場したのは1916(大正5)年9月15日、第一次世界大戦におけるイギリス、フランスの連合国軍とドイツ軍による「ソンムの戦い」でのことでした。

 この新兵器は各国に衝撃を与えましたが、当然、日本陸軍(当時)も注目し、わずか1年後の1917(大正6)年には早くも戦車の購入に動き出します。そして調査委員として技術仕官を派遣したのですが、この時はまだヨーロッパでは第一次世界大戦が続いており、継戦状態のイギリスで新兵器「TANK」の調査を始めたのです(第一次世界大戦の休戦は1918年11月11日)。

 そして早い段階でイギリス側に対して購入を打診しました。当初、日本は最新のマークV戦車を購入しようとしましたが、戦争中だったこともあり最新型は自国軍で必要とされたため譲ってもらえず、日本に対しては一つ前のタイプであるマークIV戦車が引き渡されました。

 それでも日本にとってはようやく手に入れた最新兵器であり、教官役のイギリス人将兵5名(少佐1名、兵士4名)と共に貨物船で日本に向けて運ばれたのです。

 こうして長い船旅を経てイギリスから日本に運ばれたマークIV戦車は、前述のように1918(大正7)年10月17日に神戸へ到着、ここで内航船に積み替えられて1週間後の10月24日に横浜へ届けられました。そして横浜港で陸揚げされると、鉄道に載せられて新橋(汐留)まで運ばれ、汐留からは信濃町までイギリス人将兵の操縦で夜間に自走して移動し、青山練兵場などで皇族や高級軍人たちにお披露目となったのです。

自動車も普及していないのに戦車開発を決断

 当時、日本はまだ自動車ですら黎明期でした。日本には1890年代末に自動車が入ってきたものの、当時は超贅沢品で1915(大正4)年の国内の自動車保有台数はわずか897台(日本帝国統計年鑑より)でした。

 自動車工場も1907(明治40)年に東京で初めてできたものの、技術的には欧米の模倣がほとんどで、軍用自動車としても大阪砲兵工廠(当時)が細々と作っていただけだったのです。そのため日本陸軍が当初、導入/配備すると決めた戦車を輸入で賄おうと考えたのは致し方なかったといえるでしょう。

 そこで陸軍は欧米の戦車メーカーと交渉を進めたのですが、本格的に戦車を開発生産していたのはイギリスとフランスしかなく、前者は自国軍向けの戦車供給で手一杯で日本向けのぶんまで生産する余力はないと断られ、後者は大戦中に生産した中古の戦車が大量に残っているので新規に生産する雰囲気ではありませんでした。なおフランスからは大戦型戦車(ルノーFT)であれば喜んで引き渡すといわれたそうですが、技術革新すなわち性能向上が著しい新兵器である戦車の場合、大戦型戦車(この場合、第一次世界大戦期の戦車のこと)では日本で運用を始めた途端に陳腐化し旧式化することは間違いなく、これらを鑑みて陸軍は戦車の国産開発を決断したのです。

 こうして日本で国産戦車の開発がスタートしました。とはいえ、軍用自動車を製作していたのは前述した大阪砲兵工廠のみだったため、おのずと戦車開発もそこになりました。それでも初めてながら1925(大正14)年6月に設計に着手し、1927(昭和2)年2月にほぼ完成という、設計着手より完成までわずか1年9ヶ月という短期間で独自に戦車を作り上げたのですから凄いといえるでしょう。

 完成した本車は「試製一号戦車」と名付けられ、3か月後の6月下旬に富士山の麓の御殿場で走行試験を行いましたが、問題なく動き、走行、射撃ともに陸軍の要求を満たしました。

 この成功で、本格的に国産戦車にゴーサインが出たことにより、その後八九式軽戦車(後に中戦車に区分変更)や九七式中戦車などにステップアップしていったのです。

消えかけた戦車開発の火

 しかし、太平洋戦争(第二次世界大戦)では洋上での戦いがメインとなったことから、日本は限りある資源や生産基盤の重点を航空機や艦艇に振り分け、戦車は二の次とされました。しかも、そのあいだに欧米の戦車は短期間で世代交代を繰り返して高性能化したため、わずか5年ほどのあいだに日本の戦車技術は陳腐化してしまったのです。しかも敗戦によって日本陸軍は消滅、日本の戦車に関するノウハウは途切れるかに思えました。

 ところが運命の女神は気まぐれなものです。一旦は非武装化していた日本ですが、1950(昭和25)年にお隣の朝鮮半島で戦争が始まると、一転して日本にも武力が必要とされ再軍備が進められたのです。しかも戦車も必須として、アメリカからM24チャフィーやM4シャーマンといった大戦型戦車(この場合、第二次世界大戦期の戦車を指す)が供与されましたが、将来を見据えるとこれらは早々に旧式化するため、戦後型戦車の導入が急がれました。

 とはいえ、この時も輸入か国産開発かが問題となりました。しかし輸入については、供給先のアメリカが最新鋭戦車の優先配備先をヨーロッパと見据えていたことから、日本が要求しても後回しにされる懸念がありました。またすでに供与されていたM4シャーマンが日本人の体格に合わず使い難かったことから、日本の国情に合わせた戦車が要望されたのです。

 しかも1952(昭和27)年の主権回復(占領状態の終結)に伴い、在日米軍駐留経費が日本に返還され、またアメリカによる対外援助によって開発費用の目処が立ったことで戦車の国産開発がスタート、こうして戦後初の国産戦車として61式戦車が誕生したのです。

世界基準に追いつけ追い越せ

 61式戦車が誕生したことで、日本の戦車の開発ノウハウは戦後も引き継がれました。性能的には61式戦車は習作に近いもので、世界水準から見ればまだまだといった感が強かったものの、61式がなければその後の国産戦車が生まれなかったのは言うまでもありません。

 74式戦車で世界に追いついた日本の戦車技術は、90式戦車で一部世界水準を追い越し、そして10式戦車で世界最先端になったといっても過言ではないでしょう。

 戦車を独自開発できる国というのは十指に満たないといわれています。戦車を自国生産している国もそのほとんどはライセンス生産だったり、他国の技術協力を得て独自戦車に仕立てていたりするのがほとんどです。一方で、戦車の母国イギリスはとうとう戦車の自国開発を止めてしまい、戦車技術を失おうとしています。そういったなかで日本は、世界でも数少ない戦車原産国であり続けているのです。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2020 mediavague Co., ltd.