サイト内
ウェブ

観光列車「A列車で行こう」が指宿枕崎線に入線 全線開業55周年でイベント開催

  • 2018年9月5日
  • 乗りものニュース

鹿児島県南薩地域振興局と指宿市、枕崎市、南九州市、南さつま市が指宿枕崎線の全線開業55周年を記念したイベントを実施。写真展を開催するほか、観光列車「A列車で行こう」を使用したイベント列車を運行します。

観光列車「A列車で行こう」が走る

 鹿児島県南薩地域振興局と指宿市、枕崎市、南九州市、南さつま市は2018年9月4日(火)、JR指宿枕崎線の全線開業55周年記念イベントを10月から12月にかけて実施すると発表しました。

 指宿枕崎線は、1963(昭和38)年10月31日に西頴娃(にしえい)〜枕崎間が延伸し、西鹿児島(現在の鹿児島中央)〜枕崎間の全線が開業。今年で55周年を迎えます。

 指宿駅、西頴娃駅、枕崎駅では、これまでの指宿枕崎線の歴史を知ることができる写真展を開催。期間は10月27日(土)から12月28日(金)までです。また、各駅には限定スタンプ、枕崎駅には記念の砂像が設置されます。

 11月14日(水)は、指宿駅を午前9時45分に出発、枕崎駅に11時10分に到着するイベント列車が走ります。車両は観光列車「A列車で行こう」を使用します。このほか、バスツアーや週末マルシェなども予定されています。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2021 mediavague Co., ltd.