サイト内
ウェブ

「リムパック2018」はここに注目! 米海軍主催の合同軍事演習、その概要と要点

  • 2018年6月26日
  • 乗りものニュース

「リムパック」とは、米海軍が主催し多くの国の海軍などが参加する、2年に1度の大規模な軍事演習のことです。2018年の同演習には、日本からも海自と陸自が参加します。その目的と、注目すべきポイントを解説します。

いまや「環太平洋」のワクを越えて

 2018年6月27日(水)から、世界最大級の多国間合同軍事演習である「リムパック(RIMPAC、環太平洋合同軍事演習)」が太平洋のハワイ諸島周辺で開催されます。「リムパック」とは一体どのような演習で、今年はどのような注目点があげられるのかについて、簡単にご紹介したいと思います。

「リムパック」は、「環太平洋合同軍事演習」という名が表す通り、おもに太平洋を囲む国々の軍隊が2年に一度ハワイ周辺に集合して、多国間でさまざまな共同訓練を行う演習です。初めての開催は1971(昭和46)年で、そのときの参加国はアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの5か国のみでしたが、それから40年以上経った今年の「リムパック2018」(計26回目)では、アメリカや日本、フランスやドイツなど実に26か国が環太平洋という枠組みを超えて参加します。ちなみに、アメリカ、カナダ、オーストラリアの3か国は、1971年以来全ての「リムパック」に参加していて、日本も1980(昭和55)年に初参加して以来全てのリムパックに参加しています。

「リムパック」の大きな目的は、太平洋に面する国々を含む多国間の軍隊の協力関係強化や信頼関係構築にあります。

 世界地図を見れば明らかなように、太平洋は非常に広大で、しかも世界経済を支える船舶の往来が非常に激しい地域です。もしこの太平洋でなにか紛争や自然災害、さらに海賊行為などが発生すれば、世界に与える影響は計り知れません。そこで、そうした事態が発生した際に多国間でスムーズに連携できるようにすることが非常に重要となります。

もちろん世界情勢を大きく反映

「リムパック」は、太平洋に面する国々や欧州などの軍隊が一堂に会し、お互いの国同士を理解しあうめったにない機会です。そこで作り出された現場同士の信頼関係は、有事の際のスムーズな連携には欠かせないものです。また、このように多くの国々の軍隊と自国の軍隊を一緒に訓練する機会はほかになく、そこで行われる砲やミサイルを発射する戦闘訓練から機雷を取り除く掃海訓練、さらに怪しい船舶を停止させて乗り込む訓練や災害対処を想定した訓練などを通して自国の軍隊の実力を向上させる、またとないチャンスともなります。

「リムパック」は政治に左右されることも

 基本的に「リムパック」は多国間の連携強化を目的としていることは先に述べた通りですが、時として「リムパック」は政治的な情勢に左右されることもあります。

 たとえば、1971年の第1回以来何度も「リムパック」に参加してきたニュージーランドは、1985(昭和60)年にアメリカの核兵器搭載可能な駆逐艦の自国への寄港をめぐり、ニュージーランドの反核政策との関係でアメリカと衝突することとなり、以降長らく「リムパック」への参加を取りやめてしまいました。

 また今年の「リムパック2018」では、2014年から「リムパック」に参加した中国が、南シナ海での人工島建設やその軍事化を推し進めたために、そうした行動が「リムパック」の目的にそぐわないとして招待を取り消されてしまいました。

「リムパック2018」の注目点は対中国?

「リムパック2018」は6月27日(水)から8月2日(木)にかけて開催される予定で、参加兵力は艦艇47隻、潜水艦5隻、航空機約200機、人員約2万5000人以上です。日本からは、まるで空母のようないでたちの海上自衛隊のヘリコプター搭載型護衛艦「いせ」と、潜水艦を探し出すP-3C対潜哨戒機、さらに陸上自衛隊の部隊も参加して、陸海合わせて約630名が参加する予定です。

 そのような今年のリムパックの注目点としては、まず陸上自衛隊とアメリカ陸軍が連携するはじめての地対艦ミサイル共同発射訓練が挙げられます。

 地対艦ミサイルとは、地上から遠い海に浮かぶ敵の艦艇を攻撃するミサイルで、今回陸上自衛隊は射程200kmを誇るともいわれる最新鋭の12式地対艦ミサイルをリムパックに参加させることになっています。一方で、この訓練で陸上自衛隊と連携するアメリカ陸軍は、実はこれまで地対艦ミサイルを運用した経験がなく、近年の中国による海洋進出などを念頭に地対艦ミサイルの必要性が高まったことから、200kmという射程を誇るとされる対艦ミサイル「NSM」を運用することになりました。ここで重要なのが、アメリカ陸軍がこうした地対艦ミサイルを運用した経験がないという点で、そのため地対艦ミサイルを長年運用してきた陸上自衛隊と連携することで、そのノウハウなどを得たいと考えているようです。

 また、この地対艦ミサイル発射訓練においては、より遠距離の敵を発見して攻撃するために、海上自衛隊やアメリカ海軍の艦艇や航空機などが見つけた標的を陸上自衛隊やアメリカ陸軍に共有するということも行われる予定で、これは中国の海洋進出という問題をかかえる日本にとって、日米の連携が促進される非常に大きな機会となりそうです。

不参加の中国が最も存在感を示すことに?

 また、もうひとつの注目点として今年の「リムパック」にベトナムが初参加することと、フィリピンがはじめて「リムパック」に艦艇やヘリコプターを派遣することが挙げられます。

 フィリピンとベトナムはともに、中国と南シナ海で領土問題をかかえていて、この2か国とアメリカやオーストラリア、さらに日本など中国の強硬な姿勢に対抗している国々とが訓練中にどのような連携を行うのかが注目されます。

 とくにフィリピンは、今回の「リムパック」にターラック級ドック型揚陸艦という、ヘリコプターや上陸用舟艇を運用できる艦艇を参加させます。これはフィリピン海軍が2016年に受け取ったばかりの新型艦艇で、艦後部にあるスペースからヘリコプターや上陸用舟艇を運用することにより、海から陸地へ攻め込む海兵隊を上陸させることができます。こうした点から、中国と問題をかかえる南シナ海の島々をめぐる争いが発生した場合に、必要不可欠な機能を備える艦艇ということができます。

 今回の「リムパック」では招待が取り消されたために中国軍は参加しませんが、上記のような注目点から見ていくと、じつは「リムパック2018」における中国の存在感は大きいといえるかもしれません。「リムパック2018」では、対中国という視点がひとつの重要なキーワードになることでしょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2020 mediavague Co., ltd.