サイト内
ウェブ

「リバティ」初、船橋発着で日光へ! 運行1周年記念ツアー開催 東武

  • 2018年4月25日
  • 乗りものニュース

東武鉄道が「500系リバティ運行開始1周年記念ツアー」を開催します。「リバティ」として初めて船橋駅を発着。臨時貸切列車で東武日光駅を目指します。

SL「大樹」乗車や日光観光などが可能

 東武鉄道が、500系特急形電車「リバティ」の運行開始1周年を記念し、同列車が初めて船橋駅(千葉県船橋市)を発着する日帰りツアー「500系リバティ運行開始1周年記念ツアー」を開催します。

 出発日は2018年5月26日(土)。野田線(東武アーバンパークライン)の船橋駅と、日光線の東武日光駅(栃木県日光市)のあいだを貸切の「リバティ」で往復します。

 途中は下今市駅に停車。帰りまでの約3時間は自由行動で、SL「大樹」の乗車や日光東照宮の観光などが可能です(SL座席指定券代や拝観料などは各自別途負担)。

 行きの船橋〜春日部間では、「リバティ」の自動放送を担当したホリプロ所属のアナウンサー、久野知美さんが「生放送」を担当。また、船橋〜下今市間では東武商事による「リバティ」グッズの車内販売も行われます。

募集人員は120人

 募集人員は120人。旅行代金は大人1万500円、子ども8500円です。記念弁当(お茶付き)、「リバティ」車内銘板の実物大レプリカ、記念乗車証、「日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ」が付きます。

 ツアーは4月26日(木)午前10時半から、東武トップツアーズのウェブサイトで発売される予定です。

「リバティ」は3両×8編成が製造され、2017年4月21日にデビュー。3両編成を2本つないだ6両編成で出発し、途中で編成を分割して複数の目的地に向かうなど、柔軟に運転できるのが特徴です。

 現在は、浅草駅から日光や鬼怒川方面に向かう「リバティけごん」「リバティきぬ」、野岩鉄道会津鬼怒川線と会津鉄道会津線に乗り入れて浅草駅と会津田島駅(福島県南会津町)を結ぶ「リバティ会津」、浅草〜大宮間などを結ぶ「アーバンパークライナー」などが500系の「リバティ」で運転されています。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2021 mediavague Co., ltd.