サイト内
ウェブ

久大本線、7月14日に全線復旧 「或る列車」「ななつ星」が特別運行 JR九州

  • 2018年4月19日
  • 乗りものニュース

2017年7月の九州北部豪雨で被災し不通が続いていたJR久大本線の光岡〜日田間が、運転再開へ。「久大本線 ぜんぶつながるプロジェクト」が始動し、観光列車の特別運行が計画されています。

「或る列車」今夏は大分コースで運転

 JR九州は2018年4月19日(木)、豪雨災害で運転を見合わせていた久大本線の光岡(てるおか)〜日田間について、7月14日(土)始発列車から運転を再開すると発表しました。

 同区間は2017年7月の九州北部豪雨で被災し、同年7月5日から不通に。博多と由布院を特急「ゆふいんの森」は現在、小倉・大分経由で運転されていますが、運転再開後は、本来の久大本線経由に戻ります。

 JR九州と大分県、新幹線活用久大本線活性化協議会は、久大本線全線での運転再開をアピールする「久大本線 ぜんぶつながるプロジェクト」を実施。ポスターなどの展開に加え、6月中旬から8月中旬まで、専用のロゴをラッピングした「ゆふいんの森」を運転します。

 さらに、スイーツ列車「JRKYUSHU SWEET TRAIN『或る列車』」は7月22日(日)、豪華寝台列車「ななつ星in九州」は7月28日(土)から翌29日(日)にかけて、それぞれ久大本線で特別運行を実施。また、「或る列車」は7月から9月までの期間、「大分コース」(大分〜日田)で運転される予定です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2020 mediavague Co., ltd.