サイト内
ウェブ

陸自「偵察オート」に見る「偵察」というお仕事 熊本地震でも活躍した地上のさきがけ

  • 2018年4月14日
  • 乗りものニュース

自衛隊にはさまざまな乗りものがありますが、オートバイもその機動性を生かし、多くの現場で活躍しています。なかでも陸上自衛隊の偵察部隊は災害や有事の際、真っ先に現場へ入る地上部隊であり、その任務は危険で過酷なものです。

地上で先陣を切る誉れ、偵察オート部隊!

 有事の際に真っ先に現場へ向かうのは、早く移動することができる戦闘機やヘリコプターです。しかし、上空からでは広範囲の様子を大まかに見ることしかできません。そのため、地上からの詳細な偵察が必要になります。そこに登場してくるのがオートバイ(偵察用)です。

「偵察オート」とも称されるこのオートバイ(偵察用)は、有事の際の地上偵察や連絡用として真っ先に現場へ向かいます。そこで収集する情報の種類は非常に多いのですが、特に地面に関する情報を積極的に集めています。たとえば災害派遣の場合、主力は大型トラックや大型の装甲車に乗って現場まで行くことになりますが、その現場までの主要な経路の路面状態が悪ければ、大型車両は走ることができないからです。ほかにも、崖崩れによって道路が寸断されていたり、橋が落ちていたりする場合もあります。そのような時は、地上で機敏に動くことのできる偵察オートが活躍するのです。

 戦闘時にも、偵察オートはその機動性を発揮することになります。トラックなどの車両が進入できない狭い場所や、トラックの大きいエンジン音では近づけない場所であっても、偵察オートなら入っていけます。敵陣地に近づいた偵察員は、偵察オートのエンジンを切ったのちに、降りて徒歩で敵陣地まで近づいて敵の様子を探ります。ある程度の情報を収集することができたら、静かに偵察オートまで戻り、敵に気付かれぬうちに一気に前線から離脱して司令部に情報を持って帰るのです。

 ただし、こうした偵察行動は敵に発見されてしまう可能性が高く、一説によると「100組偵察に出して5〜6組ほど帰ってくれば良い」とまで言われてしまうほど危険な任務でもあります。偵察バイクは普通のバイクと同じで装甲が施されておらず、運転手の身体は剥き出しのため、防御力はほとんどありません。

 それでもこの偵察オートを使用し続けるには理由があります。それは、自衛隊が保有する車両の中で、最も機動性に優れているからです。

運用する偵察部隊とはどのようなところ?

 偵察オートは自走することはもちろん、ヘリコプターに乗せて一気に遠くまで運ぶことができたり、偵察用のゴムボートに乗せて川を渡り隠密に移動したりすることができるのです。不整地走行も得意で、少しくらいの段差であればジャンプしてクリアすることもできます。ほかにも、その機動性と紙とペンを駆使して、無線通信が使えない場所同士の連絡通信を確保する「伝令」も務めることができます。

 こうした機動性と利便性を兼ね揃えた偵察オートですが、どのような部隊が運用しているのでしょうか。

 偵察部隊は、戦車などを扱う「機甲科職種」の部隊です。部隊において戦車を使用することはありませんが、87式偵察警戒車や82式指揮通信車などの装甲車、そして偵察オートなどを運用して各種の情報を集めます。これらの偵察部隊は、師団や旅団といった大きな部隊の司令部と同じ場所に配置されていて、偵察部隊が得た情報は、すぐに師団長などに届けられます。師団長は偵察部隊から得た情報を参考にして、配下の部隊を指揮することになります。つまり、偵察部隊は師団長の「目」として非常に重要な役割を持っているのです。

 偵察オートに乗るには、大前提として陸上自衛官になる必要があります。そして機甲科職種の偵察部隊に配置されるのが一番の近道です。ここで自動二輪免許を持っていない場合は、部内の自動車訓練所や民間の自動車教習所に官費で通い、免許を取得する必要があります。そして、免許取得後に「m」という特技番号が付与されて、初めて偵察オートに乗ることができるのです。

 偵察部隊に所属している場合は、免許取得後に急斜面を登ったり、起伏の激しい不整地を走り抜けたりする訓練を受けますが、実は一般部隊でも偵察オートに乗れる場合があります。それは、全国に配置されている普通科連隊などの本部に配属された場合です。

熊本地震には新潟から駆け付けた部隊も

 普通科連隊の本部には情報小隊という部隊があります。機甲科の偵察部隊は師団長の「目」になりますが、情報小隊は普通科連隊長の「目」となります。そこには数台の偵察オートが配備されていて、必要に応じて乗ることができます。ただ機甲科の偵察部隊に比べ、ジャンプしたり、激しい起伏を乗り越えたりといったことはあまりしないという話も聞いたことがあります。

 最初にもお話ししましたが、偵察オートが最も活躍するのが災害現場です。2016年に発生した熊本地震では、最大震度7を記録する大地震になりました。熊本城は崩れ、多くの家屋が倒壊し、ライフラインも広範囲で遮断されてしまいました。その時も、真っ先に現場に入ったのが偵察オートだったといいます。

 熊本地震の際には偵察範囲が広かったために、地元部隊の偵察オートだけでは足りなかったそうで、遠方の部隊も応援に駆けつけました。筆者(矢作真弓:軍事フォトライター)が取材したなかで一番遠くから応援に来ていたのは、新潟県に所在する第2普通科連隊という部隊でした。この部隊は250ccの偵察オートで約1300kmも自走してきたそうです。本来であれば中型トラックに偵察オートを積載して運んでくるのですが、そうすると自分たちの荷物が詰めないので、わざわざ自走してきたと話していました。

 このように、様々な任務で使用される偵察オートですが、全国の駐屯地記念行事などのイベントで展示される機会も多い車両です。もしイベント会場に訪れた時は、ぜひ間近でご覧になってみてください。隊員さんに偵察オートのことを質問してみるのも面白いですよ。

※記事の一部を修正しました。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright © 2020 mediavague Co., ltd.